日々あれこれ


by yangzi-o

カテゴリ:未分類( 102 )

 3月21日に第6回静物スケッチクラブを開催したのですが、アップが大幅に遅れてしまいました。
 この日は新しい参加者もお一人お見えになり、総勢8人でスケッチを楽しみました。

 Yaさん チューリップとサザンカのコラボが素敵です。
c0161233_06572318.jpg
Tuさん こんな素敵なバラを私も描けるようになりたいです。
c0161233_06583477.jpg

Taさん 風邪で具合が悪いのを押して参加されました。描くうちにだんだん元気になられました。
c0161233_07034643.jpg
 Naさん 同じくスノードロップを描かれましたが、優しさが滲んでいます。
c0161233_07045241.jpg
Naさん お家に咲いたラッパスイセンを持ってきてくださいました。
c0161233_07061957.jpg
Saさん デパートで買って食べた駅弁と土筆のコラボ。ユニークですね。
c0161233_07073877.jpg

Maさん ビニール袋に包まれたままの人参という身近な素材も絵にすると楽しいです。
c0161233_07090281.jpg

 最後に私。我が家のベランダにようやく一本咲いたチューリップ。
c0161233_07102978.jpg
 今後の日程
 毎月第4火曜日の午後1時からの開催となります。
 4月25日 5月23日 6月27日 いずれもさざんぴあ第二会議室Aです。

 皆様のご参加をお待ちしております。






[PR]
by yangzi-o | 2017-04-09 07:13

1・2月の読了本

◎「i(アイ)」(西加奈子)
◎「罪の声」(塩田武士)
◎「小さな生きものたちの不思議なくらし」(甲斐信枝)
◯「広域指定」(安藤能明)
◯「よるのばけもの」(住野よる)
◯「草花たちの静かな誓い」(宮本輝)
◯「雨利終活写真館」(芹沢英)
◯「本ばすめぐりん。」(大崎梢)
◯「まっぷたつの先生」(木村紅美)

 この他、山本周五郎作品の短編は図書館に並んでいる限り、手当たり次第読みました。
 西加奈子さんの新作「i」は、期待に違わずとても読み応えがあり、読後感も良かったです。



[PR]
by yangzi-o | 2017-02-28 20:29

春雪の太宰府

 先週の土曜日の朝、目覚めてカーテンを開けると一面の銀世界、豪雪地帯の方には悪いですが、心が踊りました。運良く仕事は休みだし、9時には家を出て太宰府へ向かいました。先月の雪の日はゆっくり出かけて到着したときにはもう解け出していたので。

 まずは光明禅寺へ。4年前だったか、石庭にしんしんと降る雪を堂縁に一人座って眺めたときの感動が忘れられませんが、きょうも先月につづいて閉まっていて中には入れませんでした。
c0161233_08065776.jpg

 光明禅寺から太宰府天満宮へ向かう途中に「浮殿」という建物があります。
 この日は「浮殿」の周りの池一面に薄氷が張っていて、それはそれは綺麗でした。
c0161233_08120706.jpg
 気象台は「今季一番の冬将軍」と報道していましたが、先月は光明禅寺の塀には氷柱がぶら下がっていたし、池に張った氷も厚かったのに、今回は氷柱もなく薄氷だったから、やっぱり暦どおり「春の雪」なんんだなあと思いました。

 天満宮の飛梅はほぼ満開、他の梅も五分咲きといったところ、10日後くらいが見頃でしょうか。

 久しぶりに「歴史の散歩道」をてくてく歩き、太宰府政庁跡に到着したころには、すっかり雪も解けてしまっていました。子供たちが雪遊びをした残骸の雪だるまが礎石にいくつも残っていました。


[PR]
by yangzi-o | 2017-02-14 08:19

2016年マイベスト本

1.「蜂蜜と遠雷」(恩田陸)
2.「さぶ」   (山本周五郎)
3.「ガラパコス」(相場英雄)
 「おたふく物語」(山本周五郎)
 「髪かざり」  (山本周五郎)
 「ウィメンズマラソン」(坂井希久子)
 「ハーレーじじいの背中」(坂井希久子)
 「サブマリン」(伊坂幸太郎)
 「世界一ありふれた答え」(谷川直子)
 「眩(くらら)」(朝井まかて)

[PR]
by yangzi-o | 2016-12-31 19:46

第30回人物スケッチ会

 きっかけは「絵を描いてみたい」という元同僚と一緒に非日常の空間で一緒に絵を描いてみようかという軽い思いつきで始めた「人物スケッチ会」も30回を迎えることになりました。
 早いものであっという間に今年も師走となり、冷たい雨の降るなかでしたが、8人のメンバーが集まってくれました。いつものように5分間クロッキー4回、きょうは20分スケッチは2人のモデルをじっくり描きました。描いているときはいつもよりお喋りは少なく、みなさん真剣でシーンと静まり返っていました。
 クロッキーやスケッチが終えたらボードにお気に入りを貼り出し、みなで合評します。
c0161233_07594535.jpg
 手を描くのが難しく、「今度からミトンをしてもらおう」という声も上り、みな爆笑でした。

 静物はコスモス、南天、糸かぼちゃ、ビオラ、紅葉などを描きました。
 今年の紅葉は美しく、色づいた葉っぱはたくさん描きました。

 次回の人物スケッチ会は来年1月15日(日)、
 静物スケッチクラブは12月20日(火)です。
 お気軽にご参加ください。

[PR]
by yangzi-o | 2016-12-06 08:05

9月・10月読了本

◎「ガラパコス」上下巻(相場英雄)
◎「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)
◎「世界一ありふれた答え」(谷川直子)
◎「つゆのひぬま」(山本周五郎)
◎「花匂う」(山本周五郎)
◎「髪かざり」(山本周五郎)
◯「下北沢について」(吉本ばなな)
◯「明るい夜に出かけて」(佐藤多佳子)
◯「よっつ屋根の下」(大崎梢)
◯「みかづき」(森絵都)
◯「あしたの君へ」(柚月裕子)
◯「明日の食卓」(椰月美智子)
◯「揺らぐ街」(熊谷達也)

 今年後半にきて、ようやくマイ・ベストかと思えるような本にめぐりあいました。「ガラパコス」上下2巻は読み応えありました。恩田陸さんはかつての名作「チョコレートコスモス」をしのぐ面白さでした。
 山本周五郎ファンの友人に勧められ、「髪かざり」を読み、短編の一つである「笄堀」に感動して、高校時代以来、何十年かぶりに周五郎作品を読み返しています。文章といい中身といい格が違います。

[PR]
by yangzi-o | 2016-10-31 10:15

お城めぐり&トビの襲撃

 きょうは「福岡城市民の会」主催の「福岡城・鴻臚館お城めぐり」に参加しました。大混雑になるお花見の前に下準備というわけです。
 お昼前には到着して、舞鶴公園や大濠公園を散策しました。日当たりの良いところでは桜の開花がボチボチすすみ、一本の枝垂桜は満開でした。
c0161233_19422082.jpg

 大濠公園の水辺のベンチでお弁当を広げ、「まだユリカモメが残っているんだなあ」とのんびり食べていたら、突然背後からバサッと音がして大きな影が過ぎ去っていきました。一瞬何が起きたかわからなかったのですが、お弁当箱を見ると鶏の唐揚げがごっそりなくなっているではありませんか。トビに持ち去られたのでした。お弁当箱をひっくり返さず、唐揚げだけを奪うとは! それからは一口ずつ蓋をしながら食べました。

 お腹が満たないまま、お城めぐりに参加しましたが、2時間みっちり歴史探訪ができて有意義な時間となりました。鴻臚館の資料館にも初めて入ったし、あまりに知らないことが多すぎるなあと痛感しました。歴史を少しでも知ると、同じものを見ても見る目がちょっとは変わってくるような気がします。自分も何千年という人類の歴史の中の一瞬を生きているのだと思うと、くよくよしたりすることがちっぽけなことに感じられ、なんだか雄大な気分になれますね。
[PR]
by yangzi-o | 2015-03-24 19:59

ハンドメイド始め

 この年末年始は数年ぶりの9連休ということで、一日たりとも無駄には過ごすまいとやるべきことを一覧表に貼りだし、けっこうアクティブに過ごしました。実家にも帰りましたし。
 ちょこちょことハンドメイドにも手を出し、材料等も買出しにせっせと出かけ、一年半ぶりくらいにペーパー・インで紙をじっくり選べました。
 12月に桜坂の手芸雑貨店「トゥッティ フルッティ」さんで習って初めてつくったレジンのアクセサリーが完成しました。
c0161233_20361699.jpg

 元来、ファッションやらアクセサリーにはまるで興味のなかった私ですが、一度レジンというものを体験してみたかったのです。ビーズ売り場で見かける変わった材料はこんなふうに使うのかと初めて知りました。鳥さんのブローチは探鳥会へつけて行きま~す。
 次は、昨年絶不良だった体調を見事に復調してくださった整体院の先生に、「お散歩手帳」を手づくりしてプレゼントしました。喜んでもらえたので嬉しかったです。久しぶりに糸かがりをしたら、麻ひもをどうやってつけるのか忘れていて愕然としました。やっぱり続けなくてはダメですね。
c0161233_20434429.jpg

 最後に豆本も忘れてはおりません。豆アルバムをちょっとだけ作りました。きょうは素敵な布をゲットしたので、鋭意追加作製中です。今月のオープンセサミさんに出品できたらなと思っています。
c0161233_20462688.jpg

 まだ完成していませんが、昨年俳句の先生に選んでいただいた句が100句近くになったので、句集もつくっているところです。本文は完成、2冊くらいは上製本にしますが、残りは手っ取り早くホットメルトで無線綴じの予定です。一年に一冊できるようにこれからも俳句を頑張っていきたい。

 9連休も残すところあと1日となっちゃいました。仕事始めからいきなり怒涛の日々が始まりそうですが、吟行を中心に、時間をつくってちょこちょこハンドメイドも続けていきたいです。
 きょうは植物園に寄ってみたところ、マンサクの花芽がチラッと顔を覗かせていました。あと1カ月もすれば立春です。
c0161233_20542755.jpg

[PR]
by yangzi-o | 2013-01-05 20:58

刺繍の道具箱

 3連休初日の午前中は先月から通い始めた桜坂の「トゥッティ フルッティ」さんの手芸教室で、刺繍入りの道具箱を完成させました。
c0161233_21144495.jpg

 刺繍ができたら布を探さなくても豆本の中身に合った表紙や箱ができるかなあと思いついたわけですが、刺繍そのもにはまりこんでしまいました。動物の刺繍は刺していてとっても癒されます。
 お店で購入したヴィンテージの刺繍にフェルトとチロリアンテープを縫いつけてブローチもつくってみました。会社に持参している100円ショップのカバンが可愛くなりました。
c0161233_21222121.jpg

 今月に入って仕事が少しヒマだったので、知人に紹介してもらった評判の良い整形外科を受診してみました。両手の痛みはやはり「CM関節症」とのことでしたが、「けっして悪い病気ではないから心配しなくてもいいです。手術になるケースはごくわずかです」と丁寧に説明されて、鎮痛消炎剤の軟膏を処方してもらいました。いや~、ホッとしましたね。痛みが酷くならないように気をつけながら、ボチボチ手づくりも続けていけそうです。
[PR]
by yangzi-o | 2012-09-15 21:31

豆本スタンド

 またまた2週間、ブログの更新をサボってしまいましたが、今年のお盆休みは実家へ帰省した以外は外出らしい外出もせず、ネコのように眠りたいときに思う存分眠ったおかげで体調は絶好調といえるまで快復してきました。来月に向けてマイイベントはもりだくさん、フットワークの軽さが蘇りそうです。
 そんななか、月一回は所用で出かける桜坂にある手芸雑貨店「Tutti Frutti」さんに作製をお願いしていた「豆本スタンド」が完成し受け取ることができました。
c0161233_20433184.jpg

 豆本の本文を開いた状態で展示できるスタンドがずーっと欲しかったのです。ワイヤークラフトの作り方を教えていただくこともできるのですが、なにせ右手不調でペンチ・ニッパはとても握れそうにないので、作製をお願いしました。思い描いていたとおりにつくっていただいて大満足です!

 また手づくりもボチボチ再開する気力も出てきました。仕事が忙しくて中断してしまった刺繍ですが、「Tutti Frutti」さんの「手芸部」で教えていただくことになりました。2時間程度なら針を持ちつづけても大丈夫そうなので、チマチマしたものから刺していきたいです。
c0161233_20521682.jpg

[PR]
by yangzi-o | 2012-08-19 20:53