日々あれこれ


by yangzi-o

カテゴリ:日々あれこれ( 89 )

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お正月やゴールデンウィーク、盆休みほど忙しくなる仕事に就いたので、
年末年始は人手不足の激戦でした。
気がつけばもう7日、今朝は「七草粥」をいただきました。

このところ、油断するとすぐに風邪を引いてしまうので、
今年は無理はせずにマイペースで俳句、スケッチ、野草散策等々楽しんでいきたいです。

 3日は太宰府天満宮の初詣とともに、九州国立博物館での鷹匠による鷹のフライトショーを見学してきました。
 いつもは双眼鏡でかすかに見える鷹が目の前を矢のように飛ぶ姿が見られて感動しました。
c0161233_19525732.jpg

[PR]
by yangzi-o | 2017-01-07 19:53 | 日々あれこれ

人の情け

 GWは運悪く今年は仕事のシフトに当たってしまいましたが、昨日今日は良いお天気に恵まれ、近郊をフラフラお出かけすることにしました。
 ツツジで有名な山寺までバイクで出かけ、タイヤにロックワイヤをかけて散策しました。ツツジは満開と同時に雨でほとんど散ったらしく、ピークは遠に過ぎていましたが、楓の新緑がとても綺麗でした。
 近くに茶畑もあり、ちょうど機械で茶摘の最中で見学させてもらいました。芝刈り機みたいな機械でバリカンのようにお茶を刈り取り、大きな袋に風を送りながら収穫していくのですね。段々畑にこの大きな袋が並べられていきます。これを下の道の軽トラックまで人力で下ろしていくのは大変な作業だと思いました。
 さて山寺も見学して、そろそろ帰宅しようと駐輪場に戻ったところ、バイクのロックワイヤーの鍵が差し込めず、「わ〜、どうしよう」と途方にくれ、目の前の塗装屋兼植木屋さんのご主人に「オイルスプレーを貸してもらえませんか」と頼んでみました。ご主人は快く自宅からオイルスプレーを持ってきてくださり、ご自身が鍵を開けようと苦心してくださいましたが、どうにも鍵が差し込めません。
 知り合いの鍵屋に電話もしてくださいましたが、日曜日とあって遠出されていて来れない様子。「あの自転車屋なら来てくれるかも」とまた電話してくださり、運良くお店が開いていて、しばらくすると軽トラで若い店主さんが来てくれました。しかし、プロの手でも鍵は差し込めず、もう一度お店に戻り、電動工具を取りに戻ってくれました。
 植木屋のご主人と腰痛の自転車屋の店主さんがバイクを抱えて、電源の届くところまで運んでくださり、植木屋さんの電源を借りて、金属のワイヤーは無事に切断することができました。
 自転車屋さんに工賃を聞いて「お釣りはけっこうです」とお札を渡すと、「そんなわけにはいかない。福岡からここまで来てくれたのだから」と受け取られませんでした。
 ロックワイヤーは少しでも引っかかりを感じたら即交換した方が良いのだそうです。
 植木屋さんで以前から欲しかったシランなどの鉢植えやザボンなど購入すると、奥さんが「こんなとき女性はどうしようもないですよね。お気持ちはわかりますよ。気を遣わなくてもよいですよ」と温かい言葉をかけてくれました。ご主人に何度のお礼をして無事家路につくことができました。
 思わぬハプニングと出費でしたが、人の情けの有り難さが心に沁みて、今年のGWの最高の思い出になったような気がしました。
 
[PR]
by yangzi-o | 2016-05-02 07:55 | 日々あれこれ

熊本地震

 14日午後9時26分、福岡でも震度4を記録しました。その後も一晩中、余震が続きほとんど眠れないまま仕事へ出かけ、疲れ果てて今夜こそは眠りたいとお布団に入りましたが、16日午前1時25分には震度5弱の強烈な揺れに飛び起きました。その後も余震はひっきりなしで、「地震酔い」みないな感じです。
 震源地の熊本や大分は野草散策でよく出かけるお馴染みの場所です。テレビでは部分的にしか映像を公開していないと思います。実際の被害の状況はもっと酷いのではと思います。
 自宅が倒壊し、愛する家族を失い、避難所で体を横にするスペースもなく、水も食料もない方々のことを思うと心が痛みます。
 ライフラインの心配もなく、お風呂に入り夕食も取れて、余震に怯えつつも暖かいお布団に眠れるという当たり前と思っていた日常のありがたさが身にしみます。
 11年前の西方沖地震のあと準備した「非常持出し袋」は埃にまみれ、飲食物も賞味期限をはるかに過ぎていました。
 ニュースで日本列島は活断層だらけでどこで地震が起きてもおかしくないという。よくまあそんな国に原発を建てたものだと呆れる。
 公共交通機関が復旧し、被災地のボランティアの受け入れが可能になったら、今度こそは近くであるし、何か自分でも役に立てることがあれば馳せ参じたいと思っています。
[PR]
by yangzi-o | 2016-04-17 07:55 | 日々あれこれ

今年を振り返って

 今年は念願の人生のハーフタイムを8月まで取ることができて、思いっきり羽を伸ばして遊びまくりました。あれもしたい、これもしたいと年始めには願望していましたが、思いがけず俳句結社に入会することになり、月一度の人物スケッチ会や山歩き、友人とのおしゃべり以外はほぼ俳句漬けの毎日を送ることになりました。人に勧められたことではなく、自分で決めた道なので、「継続は力」を信じてあきらめずに続けていこうと思います。

 2月頃、見ず知らずの人とおしゃべりになり、「仕事を辞めたときは嬉しくて仕方なかったけど、半年くらいするとザワザワしてきた」と言われ、そのときは嬉しくてたまらない時だったので「そんなものかなあ」と感じていましたが、私もやはり半年過ぎるとまた働きたくなりました。
 9月から始めたアルバイトは週3日なのですが、体がなまっていたせいか五十肩や腰痛が悪化、11月からは体調を崩してしまいました。
 「ネタ帳をつくったら面白いよ」と友人に勧められ、「仕事日記」をアナログで書き始めました。いつか「◯◯は見た」というような豆本をつくれたらいいなあと、アルバイトに行くのも楽しみになりました。この年末年始は人手不足のため出勤する羽目になり、大ネタが得られそうです。

 来年はとりたてて目標は設定せず、流れに身を任せ前に向かって毎日暮らしていけたらと願っています。

 つたないブログを訪問してくださいましてありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 それでは皆様、良いお年を!
[PR]
by yangzi-o | 2015-12-29 10:07 | 日々あれこれ
 きょうは雛祭りですが生憎と朝から雨が降り出しました。
 2カ月ぶりに整体院へ行ったあと、割りと近くにある弥生公民館の「ひなまつり」を見学してきました。
 地域の人々が所有するひな飾り15組や手づくりのさげもん、小学生の折り紙のひな飾りが講堂に設置されていました。
 きょうは最終日で午前11時から琴と尺八の演奏会もありました。
 琴の生の演奏を間近で聴くのは初めてのような気がします。
c0161233_12521410.jpg

 15組のなかで、小道具がいっさいない古いひな飾りがありました。公民館の職員の方は「ひな段を処分したり小道具をなくしても、お人形だけは捨てられなかったのでしょう」と言われました。先祖代々の親が子を思う気持ちの引き継がれた飾りなんだなあと感動しました。
c0161233_125639.jpg


 ところでお雛様といえば、博多人物スケッチ会のメンバーでもあるまるやさん手づくりのミニチュアを見てください。どういう指があればこんな小さいものが作れるのか不思議です。
c0161233_12585285.jpg


 豆本と雑貨のお店「オープンセサミ」の3月開店日の予定です。

  3月3日(火)  10:30~15:30
  3月7日(土)  10:30~15:30
  3月15日(日) 10:30~16:00

   3/22日(日)、3/4日(火)、3/29日(日)

   臨時開店や変更することもありますので、最新のブログでご確認ください。
[PR]
by yangzi-o | 2015-03-03 12:59 | 日々あれこれ

手づくりフェア

 昨日はようやく春らしくポカポカ陽気になったので、さざんぴあ博多に5月人物スケッチ会の会場予約を済ませ、その足で吟行へ出かけるつもりが、さざんぴあ博多の1キロ手前でバイクがすとんと止まってしましました。
 さざんぴあ博多の会場予約は今回は先着順なので、バイクは歩道の端に置いてトコトコ歩きました。予約を無事済ませ、さてバイクをどうするかとバス通りに出ると、目の前にバイク屋さんがあり、おじさんが何やら修理しているのではありませんか。
 すがる思いでバイクの修理を頼んでみると、二つ返事で軽トラを出してくれ、あれよあれよという間にバイクを運んでくれました。
 修理は夕方までかかると言われたので、予定変更、最後に行ったのはいつか思い出せない「手づくりフェア」に久しぶりに行ってみることにしました。

 いろいろなブースをのぞいて浦島太郎になったような気分でした。
 せっかくスケッチで視力がよくなったし、手の関節も痛めているので、針を持つような細かい手づくりはできないのですが、ハンコやプラバン、革に金箔をのせることのできる特殊な糊など、興味深いブースがありました。

 夕方、バイク屋さんまで戻ると、まだバイクは動かないとのこと、「宿泊料はいらんから明日までもう少し試させてくれ」というおじさんの背中から、職人魂の炎がメラメラと立ち上っているのが見えました。
 きょうの夕方、「バイク動いたよ!」とご本人もびっくりしたような声でおじさんから連絡がありました。「今度バイクを買い換えるときはおじさんのお店にします!」とお礼と言うと、「だったら修理代は15万だ」と冗談がかえってきました。
 巷にいるんだなあ、こういうプロフェッショナルが。「災い転じて福となす」ですね。

 「手づくりフェア」でプラバンに興味を覚え、さっそく100均で購入、2個ばかりつくってみました。
 プラバンはいい大人がはまります。
[PR]
by yangzi-o | 2015-02-21 22:07 | 日々あれこれ

カエル寺とネコ

 相方の咳がなかなか治まらないので、昨日から一人あちこちと出かけています。
 きょうはカエル寺で有名な小郡市の如意輪寺にお参りに出かけました。もう何年ぶりでしょうか。
 西鉄「三国ヶ丘」駅で降りて、「雪下出麦」という候そのものののどかな景色の中、てくてくと一人カエル寺まで歩きました。カエルの写真をいっぱい撮ってきました。
 一休みしているとどこからかネコが現れて本堂の真ん前に座り込んでしまいました。「こんなところにじっとして何かご利益があるかも」とみんなから撫でられていました。
c0161233_15435493.jpg

 デジカメの調子が悪かったのは電池切れではなくセットが原因とわかりましたが、シャッターチャンスを逃したのが残念。
 帰りは二日市駅から太宰府天満宮へ寄りました。私もその一人だけどホームでは身動きができないほど凄い人出でした。人混みにもまれながらも何とか昨年のお礼と今年の祈願ができたので一安心、梅ケ枝餅をおみやげに帰宅しました。おみくじは昨日の飯盛神社では「大吉」と出ました!
[PR]
by yangzi-o | 2015-01-04 15:54 | 日々あれこれ

元日の猫

 元旦はまれにみる大吹雪でしたが、午後から雪が止んで日差しが出てきたので、完全防寒仕様でご近所のプチ初吟行へ出かけました。
 この寒さの中、鴨たちは岸辺の木の陰に寄り添うように固まっていましたが、雀やメジロ、ジョウビタキ、ヤマガラなどは元気に飛び回っていました。とあるお宅にはもうロウバイが凛として咲き始めていました。山茶花といい水仙といい、この寒い中で咲く花は偉いなあ。
 ぷらぷら歩いていると、どこからか「ニャーゴ、ニャーゴ」の猫の鳴き声が聞こえます。
「お、君か」
c0161233_7512380.jpg

「もっとお顔を見せて」
c0161233_7522117.jpg

 「ニャーゴ!」
c0161233_7533139.jpg


 もっと面白い表情があったのだけど、デジカメの電池がきれちまった。
 これまでも吟行先で猫をみつけると写真を撮っているので、豆本「猫の思い出」パート2がつくれたらなあと願望しています。
[PR]
by yangzi-o | 2015-01-02 07:58 | 日々あれこれ

2015年の目標

 新年あけましておめでとうございます。
 福岡の元旦は吹雪で窓の外は真っ白です。こんな雪景色はめったに見られませんが、あまりに寒くて年賀状を取りに階下の郵便受けまで降りるのが精一杯です。相方からまたもや風邪をうつされ声もガラガラ、実家からも寒いから帰ってくるなという電話もあり、まったりと自宅で過ごすお正月です。久しぶりに箱根駅伝の往路が観られそうです。
 
 さて今年はしばらくの間、人生のハーフタイムを取ることにしました。その後の予定は真央ちゃん的にハーフハーフです。
 これまで時間に追われ、やりたくてもできなかったこと、行きたくても行けなかったところ、読みたくても読めなかった本、観たくても観られなかった映画等々、とにかく毎日「好きなことだけして生きていく」を実行します。ダラダラと過ごしてみたいし。それでなにかしらひんしゅく買ってもどんと来いです。

 今のところ、俳句とスケッチをつづけながら、3年間中断していた豆本づくりを再開したいのですが、作り方を忘れているかもですね。

 それでは皆様にとっても今年が楽しい素敵な1年になりますように!
[PR]
by yangzi-o | 2015-01-01 13:19 | 日々あれこれ

今年を振り返って

 今年年頭に立てた目標は
1.俳句はとにかく絶対に諦めない。
2.スケッチブック展に出品できるようにデッサンを続ける。
3,疲れたら休む。

 でしたが、3つともなんとかクリアしました。今年はとにかく仕事が異様に忙しく、思わぬ怪我をしたり、不整脈や人間関係のストレスで体調を崩すことが多々あり心身ともに快調とはいえない年でした。
 そんななか失速しながらも俳句はなんとか諦めずにつづけることができました。
 博多〜川崎のスケッチブック展の公募作品も下手ながら出品することができました。
 今年は疲れすぎて強制終了的に休まざるを得なかったのですが、自分自身の体力の限界というものも自覚できて、人生の節目の決断をすることができました。
 何かと悩みの多い年でしたが、一番のトピックスは9月の「博多スケッチブック展」が開催できたことです。今振り返ってみて、「よくあんなことができたなあ」と我ながら不思議な気持ちになります。人物スケッチ会のメンバーの絶大なる協力、スケッチブック展の雰囲気、見学してくれた方々との初対面とは思えない打ち解けた語らいは忘れられない思い出です。

 苦しいことの方が多かったような一年でしたが、それもまた私には必要なことだったのだと今は思えるようななりました。

 みんながみんな「努力=成果」とはなり得ないので、「100」を目指すのではなく「1」を積み重ねる気持ちで、来年からも俳句を中心に、スケッチやいろんなことにそのときそのとき自分なりに最善を尽くしていきたいと思います。

 拙いブログに訪問してくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年は羊のように跳びまわって走り回って少し休んで、人生の後半戦に元気に出撃したいです。
 それでは良いお年を!
[PR]
by yangzi-o | 2014-12-31 07:42 | 日々あれこれ