<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9月・10月読了本

◎「ガラパコス」上下巻(相場英雄)
◎「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)
◎「世界一ありふれた答え」(谷川直子)
◎「つゆのひぬま」(山本周五郎)
◎「花匂う」(山本周五郎)
◎「髪かざり」(山本周五郎)
◯「下北沢について」(吉本ばなな)
◯「明るい夜に出かけて」(佐藤多佳子)
◯「よっつ屋根の下」(大崎梢)
◯「みかづき」(森絵都)
◯「あしたの君へ」(柚月裕子)
◯「明日の食卓」(椰月美智子)
◯「揺らぐ街」(熊谷達也)

 今年後半にきて、ようやくマイ・ベストかと思えるような本にめぐりあいました。「ガラパコス」上下2巻は読み応えありました。恩田陸さんはかつての名作「チョコレートコスモス」をしのぐ面白さでした。
 山本周五郎ファンの友人に勧められ、「髪かざり」を読み、短編の一つである「笄堀」に感動して、高校時代以来、何十年かぶりに周五郎作品を読み返しています。文章といい中身といい格が違います。

[PR]
by yangzi-o | 2016-10-31 10:15

高木公民館似顔絵会

 10月29〜30日は高木公民館の文化祭があり、29日は本田路津子さんのコンサートがあり、生の美しい歌声に心癒されました。
 二日目の30日は、去年につづいて「似顔絵会」を開催しました。当初は公民館の玄関のロビーだったのですが、描き手が3人いることもあり、急遽、入り口のテントという特等席に「似顔絵」コーナーを設置していただきました。
 最初のモデルさんは目の前のバザーでフランクフルト販売のお手伝いをしていた元気な女の子たちでした。その後もほぼ席が空くことなく、次々にモデルになってくださる方が座られ、午前10時〜午後3時まで、3人で合計62人の方を描かせてもらいました。
c0161233_06571695.jpg
 アシスタントを務めながら、「どこにお住まいですか」と尋ねると、いつも散歩途中で立ち寄る丹精こめた草花を植えているお宅の方であったり、地域の和をひろげるために地道に活動されている方ともお知り合いになったり、「似顔絵会」を通して足元の大切さを改めて感じました。
 公民館の職員の方々、文化祭スタッフの方々、本当にありがとうございました。
 最後は公民館サークルのコーラスを聴いて満ち足りた気持ちで帰宅しました。

[PR]
by yangzi-o | 2016-10-31 08:45 | 絵画

城浜公民館似顔絵会

 今日は元同僚のお住いの城浜公民館文化祭に招かれ、相方と人物スケッチ会のメンバーの2人による似顔絵会のアシスタント役でお供しました。
 似顔絵会の会場は2階に設置していただいていました。10時ごろは1階のホールでオープニングセレモニーで賑わい、2階の展示場に上がってくる人も少なく、「似顔絵会やってます」「無料ですよ」と私は「客寄せ」に忙しかったのですが、モデルになってくれた方々が宣伝してくださったのか、徐々に増えてきて、お昼前には行列ができるほどになっていきました。
 二人の描き手も息つくヒマもなく次から次へ描きつづけ、私も「あと2人待ちなので20分後に来てください」などなどお願いして、何が何だかわからなくなり、整理券が必要だったと思えるほどでした。
 似顔絵会は10時から12時の予定でしたが、12時過ぎに午前の部を終え、昼食を御馳走になり、12時半から午後の部を再開、午後2時半に終了しました。帰宅してスキャンを取り込んでみれば、実に45人もの方の似顔絵を描いていて驚きました。
 待ってもらっている間に、相方が持参したスケッチブックを皆さん、熱心に見ておられました。
c0161233_20185307.jpg
 同じ福岡市とはいえ、南と東に隔てた馴染みのない初めての場所でしたが、スケッチを通して一瞬のうちに打ち解け、人物スケッチ会への関心を持ってくださった方もおられました。
 「来年もまたぜひ来てください」と声をかけて下さり、疲れも感じない充実感を味わうことができました。

 来週は高木公民館文化祭の似顔絵会です。お近くの方はぜひお立ち寄りください。


[PR]
by yangzi-o | 2016-10-23 20:36 | 絵画

第1回静物スケッチ会

 毎月の人物スケッチ会では、40分ほど静物のスケッチの時間もあるのですが、もっとじっくり描いてみたいという私自身の願望もあり、さざんぴあ博多の会議室で「静物スケッチ会」を開いてみました。
 突然の呼びかけでしたが、6人のメンバーが集まってくれました。
 描きたい静物を持ち寄っていただくということで、野菜や果物、草花が集まりました。
 まずは、水彩画の得意なメンバーにデモストレーションで、ナスやゴーヤ、秋明菊を描いてもらいました。透明水彩の筆の使い方や水の量、白い花をどう描いたらよいか、ゴーヤの凹凸はどう表現すればよいか、などなどわかりやすく説明してもらいました。
 それから好きな静物をおしゃべりをしながら、描いてみました。ひととおり描いたところで、指南役のメンバーからアドバイスを受けて手を入れてもらい、ちょっとしたコツやテクニックで立体感やリアルさが生まれ、私も含め皆さん、充足感が味わえました。

Tuさん
c0161233_20092451.jpg
Taさん
c0161233_20101032.jpg

Saさん
c0161233_20111210.jpg

Naさん
c0161233_20114512.jpg
Maさん
c0161233_20122444.jpg
最後に私
c0161233_20140601.jpg
 夢中になって描いて家に帰ってよく見れば、水彩用紙の裏に描いていました。
 花びらの影がちょっと濃かったかなと、頂いた秋明菊で復習してみました。

 今後も月一回定例にして開催します。
 11月22日(火)午後1時〜 さざんぴあ第二会議室B
12月20日(火)午後1時〜 さざんぴあ第二会議室C

 学校卒業以来、絵を描いたことのない方もお気軽に参加してください。


[PR]
by yangzi-o | 2016-10-16 20:21 | 絵画

第28回人物スケッチ会

 10月に入ったというのにいまだ最高気温が30度を超える蒸し暑い日が続いていますが、今月の人物スケッチ会は総勢12人の方が参加してくれました。
 準備体操をして恒例の5分間クロッキーを4連発して、皆さん、だんだん筆がのってきます。
 20分間スケッチのときは、スケッチしながら他の趣味やらおしゃべりが尽きず、モデル役の私は可笑しくてたまりませんでした。
 シーンと静まり返って各自没頭するのも良いですが、気楽におしゃべりしながら描く雰囲気も良いのではと感じました。

 2カ月ぶりに参加したメンバーが昼食先のうどん屋さんでたまたま声をかけた方が新しく見学に来られ、「せっかくだから何か描かれたら」とお誘いすると、ホウズキを色鉛筆で描かれました。「幼稚園以来」だそうです。

 さて、静物は人物スケッチ会の付け足しのような時間でしたが、今月から月一回、静物をじっくり描いてみようという時間を持つことにしました。
 第一回目は、10月11日(火)午後1時からさざんぴあ博多第二会議室Aで開催します。
 「人物は苦手だけど静物なら描いてみたい」と思われている方、大歓迎です。

[PR]
by yangzi-o | 2016-10-04 20:12 | 絵画