第33回人物スケッチ会

 12日は「第33回人物スケッチ会」が開かれ、11人のメンバーが参加されました。所要で久留米に行かれるという方も顔だけ出して下さり、少しだけお話も聞けました。

 今回は若い女性の方が初めて参加され、平均年齢が一気に下がりました。学校時代に1年間美術部で描いたことがあるそうで、会場に入るやいなや、さっそく鉛筆を握って描いておられました。

 最後の静物の作品をボードに貼ったところです。
 あるメンバーは静物を描いている参加者をスケッチされ、人物スケッチに徹していかれるようです。
c0161233_08471161.jpg
 先週観たテレビ番組で、音楽家が楽器を触ったことのない子どもたちを集め、コンサートを開くための練習をしていました。「何かのモデルに近づくというのではなく、音が少しでも鳴らすことができれば、10人集まればアンサンブル」になるそうです。
 絵も同様、線が描けて色を塗ることができれば、自分なりのスケッチを楽しめればいいんだなあと思いました。

[PR]
# by yangzi-o | 2017-03-13 08:53 | 絵画

「くらの細道きっぷ」

 3月に入っていよいよ本格的な春の到来、寒暖の差はまだまだあるものの、4日は西鉄の「レールあんどハイク」に友人と参加し、高架工事に伴う仮線路を歩き、その後の「女子会」で思う存分お喋りを楽しみました。

 7日は友人を誘って春日公園の探鳥会に参加、「冴え返る」中でしたが、26種の野鳥が見られて大満足、友人が野鳥好きだということを初めて知って、もっと早くお誘いすればよかったなあと思いました。

 11日は西鉄主催の「第6回くらの細道きっぷ」で、西鉄甘木線沿いの酒藏巡りを吟行し、「飲みくらべおちょこ」を200円で購入し、3カ所の酒蔵の搾り立ての原酒を美味しくいただきました。
 大堰駅の近くの「みいの寿」までの道は土筆を摘み、カササギの巣作りを眺めながら歩きました。

 ここまで来たのだから、かねてより見てみたかった「今村カトリック教会」まで足を運びました。
 ヒバリがピーチクパーチク空一面に鳴いているなか、片道30分以上かけててくてく歩きました。
c0161233_08260630.jpg
 1913年に建築されたそうで今年で104年になるようです。
 運良く中にも入れて見学ができました。撮影禁止ですが、し〜んと静まり返った中、ステンドグラスの窓から春の光が淡く透き、それが床にも映って荘厳な雰囲気でした。

 北野を歩いていたときはちょうど14時過ぎで、46分になったら一人黙祷しようと思っていたのですが、思いがけず町役場からかサイレンが鳴りました。

 帰りの電車の中は、酒蔵巡りでほろ酔い気分で上機嫌な人、爆睡の人に囲まれ、私もうつらうつら車窓を眺めながら、なんとか自宅までたどり着きました。


[PR]
# by yangzi-o | 2017-03-13 08:39 | お出かけ
 2月28日は5回目となる静物スケッチクラブが開かれ、6人のメンバーが集まりました。
 クリスマスローズやヒヤシンス、野菜などのモチーフを描いたり、塗り絵をしたり、水彩画入門書や指南役のメンバーのスケッチを模写したり、指南役のメンバーのアドバイスを受けながら、それぞれ自分のペースで楽しみました。

Yaさん
我が家のベランダで満開となったヒヤシンスを描いてくれました。
c0161233_20024000.jpg

Tuさん
持参してくれたクリスマスローズです。
c0161233_20053684.jpg
Taさん
Tuさんのクリスマスローズを参考にして描かれました。
c0161233_20063903.jpg
Saさん
いつもながら大胆で個性的な筆さばきです。
c0161233_20074207.jpg

Naさん
水彩画の画集を模写されました。
c0161233_20085548.jpg
最後に私、パステルでクリスマスローズに挑戦しましたがやはり難しく、不透明水彩でプチトマトを描きました。小学校5・6年の担任の先生が児童画を研究されていて、2年間、算数や国語を勉強した記憶がなく学童水彩で絵ばかり描いていたような気がします。
c0161233_20103318.jpg
3月は21日(火)午後1時から「さざんぴあ博多」第二会議室Aで開催します。お気軽に参加してみてください。


[PR]
# by yangzi-o | 2017-03-05 20:17 | 絵画

1・2月の読了本

◎「i(アイ)」(西加奈子)
◎「罪の声」(塩田武士)
◎「小さな生きものたちの不思議なくらし」(甲斐信枝)
◯「広域指定」(安藤能明)
◯「よるのばけもの」(住野よる)
◯「草花たちの静かな誓い」(宮本輝)
◯「雨利終活写真館」(芹沢英)
◯「本ばすめぐりん。」(大崎梢)
◯「まっぷたつの先生」(木村紅美)

 この他、山本周五郎作品の短編は図書館に並んでいる限り、手当たり次第読みました。
 西加奈子さんの新作「i」は、期待に違わずとても読み応えがあり、読後感も良かったです。



[PR]
# by yangzi-o | 2017-02-28 20:29 | 読書

第32回人物スケッチ会

 2月12日は時折小雪が舞う寒い日曜日でしたが、常連のメンバー9人が集い、「第32回人物スケッチ」が開かれました。
 簡単な準備運動のあと、恒例の5分間クロッキー4回、10分+10分の20分の人物スケッチをしました。
 全身をなんとか描きたい人、顔の表情だけ焦点を絞りたい人、頭と全身のバランスをつかみたい人等々、それぞれ課題を持って描いていました。
 私はといえば、今の時期のモコモコのセーターは体のラインが掴みにくく、世にも不思議な人物スケッチになってしまいました。
c0161233_08285892.jpg
 スケッチ終了後、ボードに参加者のスケッチを並べて合評する時間も、いつまで見ていても飽きず楽しいです。

 静物は草花、フキノトウ、ツクシ、りんご、スミレなどを描きました。

 2月28日(火)午後1時からは「静物スケッチクラブ」、4月9日(日)午後1時からは「第33回人物スケッチ会」が開かれます。
 学校卒業以来、絵筆を持ったことのない超初心者の方、大歓迎です。


[PR]
# by yangzi-o | 2017-02-14 08:33 | 絵画