人気ブログランキング |

シロウト的箔押しの実験

 大掃除は80パーセントで打ち切りました。引っ越してきて5年も経つのに、いまだに押入れには当時のダンボールがそのままの形で積まれています。これを開けると休日がいくらあっても足りない。私の手製本や相方の水彩道具の整理整頓はほぼ終えたし、台所と浴室はそれなりに磨きました。

 夕食を終えて、革工芸のお店で買った刻印が箔押しに使用できないかものか実験しました。店長さんは「使えません!」と断言されたのですが、溶けるほど熱くするわけじゃないし、それほど高価なものではないのでダメでもともとです。ただ、製本の箔押しの道具と違って、持つところが木ではないので、ペンチで挟んで電熱器で熱しました。
 結果は「オーライ」です。小さい絵柄ならそれほど熱しなくても綺麗に箔押しできましたが、ずっと使いつづけていたらどうかなるかわからないのでシロウトの浅はかさかもしれません。

 アイロンで箔押しというのもああでもない、こうでもないといろいろやってみたのですが、これは接着剤がないとうまくいかないようだし、まだまだ実用には程遠いです。

 つぎは製本工房リーブルで購入したホットペンでタイトル書きの練習をしました。
 ゆっくり丁寧に書けば、我ながら満足できる出来栄えになりました。あとは練習あるのみです。ただし、おっちょこちょいの私は火傷に要注意です。
by yangzi-o | 2008-12-29 23:27 | 手製本材料・道具