◎『風の墓碑銘(エピタフ)』乃南アサ

 図書館に予約して待つこと5カ月、やっと手元に届きました。久しぶりの乃南さんの作品でしたが、待った甲斐があったというものです。面白かった!
 36歳の女刑事・音道貴子と中年刑事の滝沢保の名コンビがまたまた登場です。頑固で毅然とした貴子さんが好きです。滝沢とのやりとりも笑える。私が鈍すぎるのだけど、真犯人も最後の最後まで思い浮かばなかったし、ミステリーとしても上々の出来でした。
 乃南さんの作品は数年前にはまって以後、ほとんど読んでいます。

 先週読み終えた『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)と『最愛』(真保裕一)が、私的にはまったくの「はずれ」で不満タラタラだったので、ここにきて一気に読書の楽しみを取り戻しました。

 本日は『空飛ぶタイヤ』もついに手元に!
[PR]
by yangzi-o | 2007-02-16 19:42 | 読書