人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

豆本がちゃぽん増刷

 きょうはまた朝からどしゃ降りの悪天候になりました。よくもまあ空にこれほど水分があるものだと感心したくなるほどザーザー降り続きました。昨日のうちに買出し等を済ませておいたので、ほぼ一日豆本がちゃぽんの追加製作に励みました。ふくまめプロジェクトの古賀さんのお手紙によると、北九州市の豆本がちゃぽんはすでに60球も購入されたそうです。このままだと早い時期に完売になりそうだということで、追加製作の依頼がありました。
 豆本がちゃぽんを楽しみに来た子ども達の残念そうな顔を想像すると、こりゃ頑張って作らねばと、きょうのところは表紙からまず「大量生産」しました。
c0161233_21175776.jpg

 それにしても我が家のカエルと昆虫たちは、どんな子どもの手に渡ったんでしょう。可愛がってもらっているかな?

 午後になっても雨は降りやまず、上流のダムが放水したのか物凄い音量のサイレンが町中に鳴り響きました。今度は携帯の着信音が鳴り響き、「yangziさんとこ避難勧告が出されたけど、大丈夫とう?」という同僚の電話でした。「え~!ほんとう?」と驚くわたし。慌ててテレビを付けるとたしかに出されていましたが、同じ町内でも川岸の一帯のようです。我が家は避難場所の公民館より高いところにあるから大丈夫よと答えました。
 ようやく午後3時過ぎになって小雨になり、晴れ間も見られるようになりました。あのままどしゃ降りが続いたら、洪水になっていたかもしれません。
by yangzi-o | 2009-07-26 21:35 | 豆本

革工芸教室の見学

 昨夜は一晩中、雷の光と音でほとんど眠れませんでしたが、きょうは時折薄日が差すお天気になり、洗濯機を3回回しました。買い出しの帰り道に寄って見た高架下です。川ではありません。
c0161233_2132563.jpg

 こんなに冠水するほど昨日は雨が降ったんですね。夜を徹してポンプで水をくみ上げる作業が続いていましたが、ようやく夕方近くに全部水がなくなったようです。被害に遭った人や車がなくて何よりでした。

 午後から「いづみ恒商店」さんから紹介してもらった「古野革工芸教室」に初めて見学に行きました。天神のダイエーのすぐ裏にあり、教室の玄関を開けると革の匂いに包まれていました。たくさんの革や道具、染料、作品があり、いかにも「革工芸」という雰囲気にクラクラッと一瞬のうちに虜になってしまいました。試しに図案を革に写し、スーベルカッターで切り込みを入れてみました。このカッターに慣れるのにも一年くらいかかるそうです。基礎的な技法のカリキュラムを習得しつつ、革製本の装飾についても相談に乗っていただけることになりました。5年、10年という習得への道のりの長さに俄然ヤル気が湧いてきます。
by yangzi-o | 2009-07-25 21:56

猛烈な雨

 きょうは朝から仕事がとても忙しく、ようやく夜9時近くになって終了し外に出たとたん物凄い雨にびっくりしました。道路は車が数珠繋ぎで大渋滞し、いつも大雨が降ると冠水する地帯もすでに湖のようになっていました。バイクごと水没する危険を感じて慌てて迂回路に入りましたが、ここも車でいっぱいでなかなか前に進みません。ふだんは車の少ない自宅近辺も車が身動きできずに並んでいるし、いつもの3倍くらいの時間がかかってなんとか家にたどり着きました。福岡市中の道路という道路は車で埋め尽くされているような感じです。
 相方の職場の近くは、腰のあたりまで道路が冠水し、泳ぐようにして帰ってきたそうです。
 自宅はちょっと小高いところにあるので浸水の心配はありませんが、今の時間もベランダから見ると、前の道路には車が数珠繋ぎに並んでいます。少しでも早く帰宅できるといいのですが、家で待つ家族の人たちは心配しているでしょう。
 明日は友人と近場の山へ花散策へ行く予定でしたが、当然ながら中止せざるを得ませんでした。浸水や土砂崩れなどで被害に遭われた方は遊びどころじゃないですね。早く梅雨が明けてほしいです。
by yangzi-o | 2009-07-24 23:08 | 日々あれこれ

部分日蝕

 本日、福岡市でも90パーセント太陽が欠けた部分日蝕が見られました。職場では朝から日蝕で話が盛り上がり、「10時50分になったらベルを鳴らせ」という人も出てくる始末。いよいよその時間になると、ドヤドヤと屋上に上がり、フィルムですかして欠けていく太陽を見ることができました。「ワ~、ほんとだ、欠けとうよ」と口をあんぐり開けて空を見上げました。ふと周りを見ると、屋上から窓から他所の職場や家からたくさんの人が空を見ていました。もしかして生きているうちに日蝕が見られるのは今回限りかもしれないしね。
 一番欠けた10時56分になると、夕暮れのような淡いモノクロに薄い色がついたような感じで、太陽も暖かい冬の日差しのようになり、ぐっと涼しくなりましたよ。「夏中、日蝕が続けばいいのに」とか勝手なことを言い合って、世紀のミニ天体ショーは終わりました。良いものを見せていただきました。
 
by yangzi-o | 2009-07-22 21:47 | 日々あれこれ

部屋の模様替え

 3連休もあっという間に最終日になりましたが、きょうは一念発起して部屋の模様替えをしました。私の豆本制作場所はダイニングテーブルとその一角なのですが、忙しくなるといつのまにか本やら紙やら材料がその一角にうず高く積まれ、「テレビが見えないよ!」と相方から苦情がたびたび出ていました。汗ダラダラでダイニングテーブルと3段ボックスを移動すると、あれま、なんとすっきり。家具を移動するだけで部屋が広く感じるものなんですねえ。ダイニングテーブルに付いている引き出しに入っていたごちゃごちゃしたキッチン用品も捨てたり別の場所に片付け、ほぼ豆本製作の道具入れにしてしまいました。

 部屋の模様替えは半日かかり、昼食後は図書館へ予約本の受け取りに行きました。以前借りたことのある『マーブル染』(貴田庄著)をまた借りてきました。いよいよマーブル染めにチャレンジです。が、たぶん8月に入ってからになりそう。あまりの暑さに気分が悪くなり、帰宅後はぐったりとお昼寝でした。

 夕食後にやっと豆本づくりに着手、革製携帯ストラップ豆本の糸綴じ3冊、革製豆ノートの丸背と革を準備するところまですすめました。すっきり片付いたので作業もしやすくなりました。今度の日曜日、「いづみ恒商店」に紹介してもらった革工芸教室に見学に行くときまでになんとか完成させたいです。
by yangzi-o | 2009-07-20 23:15 | 日々あれこれ

海辺の野の花

 連休二日目はそろそろ夏の豆本展での販売用の豆本つくりを始める予定でしたが、「可愛い花みつけたよ!yangziさんが見たら絶対喜ぶよ!」という熱烈なメールが花友達から届き、迷うことなく予定変更、海水浴で賑わう浜辺で小さな花にピントを合わせために格闘してきました。
c0161233_20414972.jpg

 初見のヒメヤブランです。友人の言うとおり、思わず「かっわいい!」と歓声が上がりました。誘ってくれた友人に感謝です。豆本づくりに夢中になっても、よほどの先約か用事がない限り、花散策の誘惑に勝てるものは未だありません。

 撮影の合間に浜辺で貝殻を拾って集めました。
c0161233_20511545.jpg

 まだこれといってイメージはないのですが、いつか豆本の箱やディスプレイに使ってみたいです。
by yangzi-o | 2009-07-19 20:53 | お出かけ
 4月の「ふくまめ2」に参加された横浜在住の豆本作家・bibliothèue d'EICOさんの「eico豆本図書館」が、福岡三越B1の「キャトル・セゾン福岡」で7月26日(日)まで開催されています。お店の方のお許しを得て、展示コーナーを撮影してきました。
 
c0161233_20181171.jpg


 「ふくまめ2」では箱は出品されていなかったので、箱大好き人間としては今回はゲットしなければと楽しみにしていました。さっそく小さなトランクを購入しました。
c0161233_20205912.jpg


 それにしてもデパートなどには滅多に足を運ばない私は、三越にこんなお店があったとは初めて知りました。花散策の帰り道、リュックを背負い、カメラバッグをぶら下げた格好は周りから完全に浮いていたような気がします。
by yangzi-o | 2009-07-19 20:27 | 豆本展
 「あヽ野麦峠」まで時代が遡ったような2週間がようやく終わり、待ちに待った3連休です。何が何でもこのお休みは死守するぞという意気込みで働きに働いたのでドロドロに疲れ、昨夜はバッタリと倒れこむように眠りました。
 3連休の初日は待望の第3土曜日なので、北九州市の豆本展も行きたいのですが、この日はお店が開いている「いづみ恒商店」にまず足を運びました。革やらモデラやらいろいろ見て周り、あれやこれや質問しているうちに、マーブル染めの材料と道具もお店においていることがわかりました。染料の入れ物もパイプと塩化ビニールを組み合わせるというお手軽な道具です。
c0161233_21291636.jpg

c0161233_21295245.jpg

 この程度の深さで大丈夫ですかとお店の方に尋ねたところ、「糊がもったいないのでちょうど良い」そうです。染め方も案外簡単で、「一瞬の芸」だそうな。早く試してみたい。
 また、金彩加工の材料も一部取り寄せになるけど置いてあることもわかりました。金箔を貼るための型紙となる渋紙も購入、貼り方も一応教わりました。金箔と専用の糊はお試し用にちょとだけ持っています。
 モデラの使い方と革工芸の教室も教えてもらい、暑い中、バイクを飛ばして来た甲斐がありました。

 「いづみ恒商店」をあとにして、福岡国際会議場で開催されている「骨董&アンティークin福岡」(~19日まで)の見学に行きました。初めてだったけれど、なかなか面白かったです。外国製の豆本もあり、その装丁が何でできているのか素材がわからないものだったので、お店の人といろいろ話しているうちに、ふと値段を見ると12000円だったので、静かに静かに去っていった私です。目の保養にはなりました。結局一個150円の小さなカメオのブローチらしきもの10個を200円値引きしてもらって購入しただけでした。

 夏はあまりの暑さで地下鉄やバスで行く気にはなれなかった福岡総合図書館まで初めてバイクで行きました。クーラーの効いた図書館は「避暑地」のようなところらしく、いつもより大勢の人で混雑していました。私もときどき椅子に座って本を読みながら、装丁を見たり革の専門書を探したりで、まったりとした時間を過ごすことができました。

 帰りに天神に寄りたかったのですが、あの渋滞地帯をバイクで突入して駐輪場まで無事にたどり着けるのかどうか大いに不安だったのであきらめました。
 暑さと疲れで予定していた訪問場所は二つほど行けませんでしたが、とても有意義な休日でした。
 
by yangzi-o | 2009-07-18 21:56 | 手製本材料・道具

夏の豆本展出展作品

 今朝から革製の携帯ストラップ作りに再度挑戦しました。折り返し部分の革漉きを丁寧にしたところ、天地のミゾがもこもこする問題はほぼ解決しました。チリがちょっと均等でないところがまだ課題ですが、次回はばっちり出来そうです。カメオのブローチを飾りました。
 もう一つ、半革製の豆ノートを作りたかったのですが、先週のハードワークで腰と手を痛め、長い時間座って作業ができないため断念しました。そういうと悲壮な感じですが、実は納品書の欄がいっぱいになって豆ノートの欄がなくなったし、というのが自分への言い訳です。

 今回、北九州市の豆本展に旅立つ可愛い「子どもたち」を記念撮影しました。
c0161233_16321029.jpg


 新作は「スケッチブックでひと休み」(相方作)、「ローズ・ガーデン」「革製携帯ストラップ」の3点と、豆本がちゃぽん2点です。少しずつ手作りの豆本が増えていくのはとても嬉しい。今回はどんな出会いが待っていることでしょう。「来場者の方にしっかりご挨拶するんですよ」と話しかけながら撮影しました。
by yangzi-o | 2009-07-12 16:36 | 豆本

福岡の作家による豆本展

 いよいよ来週から始まります!
c0161233_865257.jpg


2009.7.18(土)〜9.1(火)
北九州市立子どもの館夏休み特別展 の中で
「福岡の作家による豆本展」開催!豆本がちゃぽんも登場!
●販売期間● 8.24(月)〜8.30(日)13:00−16:00
この期間のみ作品を手にとる事と購入が可能です。

 期間中に一度は黒崎まで行ってみたいのですが、豆本展の様子はふくまめプロジェクトをごらんください。豆本教室も開催されます。

 先週は連日残業つづきで、もう紙を見たくない!触りたくない!という気分に陥っていましたが、きょうは一日、豆本展に出展する作品づくりの最後の追い込み(あがき)に頑張りま~す。
by yangzi-o | 2009-07-12 08:12 | 豆本展