人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

『佐渡の花旅』校正刷り

 相方に出稿していた新作豆本『佐渡の花旅』の校正刷りができました。今夜はじっくり赤ペン片手にチェックです。9月中にここまで進行できたので、ちょっと焦り気味だった気持ちも落ち着いてきました。
c0161233_20404970.jpg


 ネットでみつけた小さなカメラのチャームも本日届き、さっそくミニトランクにつけてみました。
c0161233_20433992.jpg

 ちょっと鎖が長かったかしら。でも可愛いでしょ。購入先のチャームのネットショップには、いろんな形のがたくさんあって、これからもお得意さんになりそうです。

 今週も豆本制作にはげみま~す。
by yangzi-o | 2009-09-28 20:50 | 豆本

飾り靴

 きょうもアクティブな日曜日になりました。革工芸教室では「飾り靴」を完成させました。スタンピング&染色のあと、革レースで巻きかがりの練習です。
c0161233_2017156.jpg

 ペン立てにも使えて可愛い置物ができました。

 革工芸教室の前は、9時から始まる護国神社での「クラフトマーケット」と「蚤の市」を覗いてきました。「クラフトマーケット」に出品している「ふくまめプロジェクト」の古賀涼子さんから来月の豆本展のチラシをもらいたかったのも目的の一つでした。「クラフトマーケット」では可愛い雑貨がたくさんありました。「蚤の市」も時間があれば、もっとゆっくり見てまわりたかった。一緒に行った相方は「蚤の市」は初めてだったのですが、すっかりはまってしまい、掘り出し物を見つけたようでした。

 田中栞さんの「豆本教室」に参加したいと言っておられた革工芸教室の生徒さんにチラシを渡すことができました。来週、まとまった数のチラシを送ってきてもらったら、あちこち配ったりお知らせするつもりです。

 天神徘徊の最後は大丸で開催されている「戸塚刺しゅう展」の見学でした。若かりしころは刺しゅう大好き人間だったので懐かしかったです。素敵な展示品をながめながら刺しゅうした布で豆本をつくるのもいいなあと夢がまた広がったのでした。
by yangzi-o | 2009-09-27 20:32

ミニトランク(その2)

 この2日間、新作豆本を入れるミニトランク作りに熱中していました。
c0161233_21435857.jpg

 今回はカルトナージュの教室で習ったとおりの「つめかけ」ができました。ちゃんとノートに作り方をメモしていたのにそれ自体を忘れているのだから困ったものだわ。前回試作したクロスよりもより籐の雰囲気があって軽い感じになりました。「花旅」に重たいトランクでは似合わないし。他にも色合いの違う籐的クロスを購入したので、人それぞれ好みがあるからいろいろつくってみます。取っ手には只今注文中の可愛いチャームを付けます。
 それにしてもミニチュアつくりは楽しくてたまりません。
by yangzi-o | 2009-09-25 21:56 | 豆本

4連休も終わり・・・

 4連休もあっという間に終わっちゃいました。この2日間は、秋の豆本展に向けての準備に費やしました。完成したものはいまだないのですが、

・45×64ミリの2ミリボール紙でフランス額装の斜断面に挑戦したところ、まずまずの出来でした。2ミリだと45度より傾斜を緩やかにしたほうがいいみたい。
・『佐渡の花旅』のミニトランクのパーツ7冊分を切って指にタコができました。100パーセント籐的雰囲気の紙がみつかりました。固い紙なのでうまくくるめるかどうか心配でしたが、これもなんとかうまくいきました。
・同じく花旅の表紙に使う布の裏打ちをしました。久しぶりなのですっかり手順を忘れ去っていたうえに、裏打ち用の和紙をどこにしまったのかしばらく思い出せず、無駄に時間を費やしました。何をどこに収納したのか一覧表がいるね。
・バラ豆本の箱のグレードアップ版が一応完成。発泡スチロールはボンドを吸ってだんだんへこんでくることを初めて知りました。
・はじめての革製豆本は、装飾まで試作済み。己の実力も省みず、カービングもどきに挑戦しましたが、革工芸の先生がなんと言われるか・・・。
・肝心の豆本の中身は相方が鋭意製作中です。
・関係ないけど組長として町内会費の集金が忙しかった。まだ全部集まらな~い。

 10月10日までに表紙や箱を完成させて、3連休で本文と合体、一気に完成といきたいところです。

 
by yangzi-o | 2009-09-23 22:33 | 豆本
 10月の豆本展に向けた新作豆本の装丁をずっ~と考えているうちに、花の写真をフランス額装の斜断面で囲めばぐっと引き立つのではと思い立ち、急遽「アトリエ・ソレイユ・ルヴァン」さんに連絡をしてレッスンを予約することができました。自分でいうのも何なんですが、こういうときのフットワークの軽さだけは自慢させてください。
 「スジェ」と呼ばれる額装する作品は、相方の人物デッサンとオイルパステル画にしました。

・パスパルトゥ・デカレ
c0161233_2172280.jpg

 4枚のマットを重ねたものです。簡単そうに見えたのですが、なかなかどうして4枚の四辺のアキを均等に作るのは難しかったです。斜めのマットの作り方も一度では理解できず、先生に何度も説明してもらいました。厳密な製図と丁寧な作業が要求されることがわかりました。

・ビゾー・ビア
c0161233_2112481.jpg

 いよいよ斜断面に挑戦です。斜めに切るカッターもあるそうですが、直線しか切ることができないので、フリーハンドで曲線も斜めに切れるようにするためにカッターで切りました。豆本を化粧裁ちするときに刃が斜めになる癖のおかげか、初めてにしてはまあまあ綺麗に切ることができました。45度の角の始末も目から鱗でした。フランス額装関連の本を読んでもさっぱりわからなかったところが理解できて嬉しかったです。

 正直言ってフランス額装はカルトナージュほどには興味がわかずにきていたのですが、やってみると実に面白いです。装飾如何で作品がこんなに引立つものなんですね。相方も「自分の作品ではないみたいだ」と驚きつつ喜んでくれました。ただ、先生からハガキ大の作品を持ってきてと言われ、早とちりしてぴっちりハガキサイズに切ってしまったのは失敗でした。洋ナシのまわりに余白が少ないのはそのためです。

 明日は忘れないうちに、豆本サイズで斜断面の試作をしてみなくては。あと2日間のお休みは、豆本制作に集中する予定です。
by yangzi-o | 2009-09-21 21:23

刻印入れ

 高速道路の渋滞を避けるために朝は6時前に家を出たので、帰りもスイスイ走って5時には自宅に戻りました。夕食後一眠りしたあと、突如革工芸用の刻印入れを作りたいという衝動に駆られました。
c0161233_094887.jpg

 以前は既製品の刻印入れが販売されていたようですが、現在は生産中止になっているそうです。寝かせておくと使いたい刻印を探すのに手間がかかるので、立てて収納したかったのです。ガチャガチャ音がしないように中はキルトの綿を入れました。

 今日は一日、山登り&カルトナージュで気分転換をしたので、明日から豆本制作にがんばるぞ。
by yangzi-o | 2009-09-21 00:13 | カルトナージュ

ミソコブシ山(1296m)

 4連休の初日はくじゅうのミソコブシ山へ登ってきました。5年前に友人の案内で初めて登ったときは生憎の雨だったので、お天気の良い日にもう一度登ってみたいという願望がようやくかなえられました。
 登山口への道すがらのススキです。朝日に輝き風にたなびくススキの草原の美しさに何度もシャッターを押しました。まるで押し寄せる波のように風に揺れる様が写真で再現できないのが残念です。
c0161233_23533142.jpg


 雲一つない真っ青な空の下、くじゅう連山や阿蘇の山並み、遠くには雲仙普賢岳まで360度見渡しながら、ゆっくりゆっくり登りました。この雄大な景色がミソコブシ山の魅力です。何年かぶりに山頂を極めました。野草は夏から秋への端境期のようでそれほど多くは見られませんでしたが、ママコナ、ワレモコウ、クサフジ、マツムシソウ、ホソバノヤマハハコ、コゴメグサをはじめ、咲き始めの美しいヤマラッキョウ、ウメバチソウ、センブリが見られました。あと2週間もすれば、登山道はお花畑のようになるでしょう。
 きょうのマイベストのマツムシソウです。
c0161233_01243.jpg

by yangzi-o | 2009-09-21 00:04 | お出かけ
 明日からの4連休を前にして、朝から同僚と一丸となってバリバリ働き、無事定時に終了、博多駅で開催中の「福岡の作家による豆本展」を見に行くことができました。新星堂とクラフトワールドの間のスペースですが、けっこう人通りがあって私がいた1時間ばかりの間にも熱心に豆本を見られて購入してくださる方がたくさんおられました。12時の開催前から待ってた方もおられたそうです。
c0161233_20593725.jpg

  「豆本がちゃぽん」も人気でお一人で連続3回回された方も。初めて豆本を見たという方もとても喜んでおられたのでとても嬉しかったです。やはり展示会の現地で生の感想を聞けるのが一番刺激になります。
 福岡の他の作家さんの作品も全部見たかったのですが、すでに売り切れて見本も置いていない作品もあって残念でした。次の機会には早いうちにぜひとも足を運ばねば。

 主催者の古賀さんにお会いするのも、4月の「ふくまめ2」以来でした。過密スケジュールをこなしておられて体調を崩されておられないか心配でしたが、お元気そうだったのでちょっと安心しました。10月の豆本展のチラシも明日には出来てくるそうです。いよいよ1カ月後の迫ってきました。4連休や3連休もあるしともたもたしていましたが、背中がカチカチと燃えてきそうです。
by yangzi-o | 2009-09-19 21:13 | 豆本展

ミニトランクの試作

 新作豆本『佐渡の花旅』の函はミニトランクの予定です。先月カルトナージュの教室で初めて作ったトランクは北九州市の豆本展の什器にしたので、返送されてからミニトランクを試作するつもりでしたが、明日からの博多駅での豆本展に巡回・行商中のため、記憶を頼りにつくってみました。
c0161233_22175758.jpg

 花旅なので籐のカゴのような雰囲気のクロスや布を探していたのですが、「手製本工房まるみず」さんからほぼイメージどおりのクロスを手に入れることができました。蓋の裏には佐渡の地図が挟めるようにします。
 忘却力が高まる一方なので、つめかけの作り方を間違えました。これだから教室で習ったらすぐ復習しないとダメなんだわ。
 連休中にカルトナージュの教室へ急遽行くことになっているので、先生に見て貰ってちゃっかりアドバイスをいただくことにしよう。
by yangzi-o | 2009-09-18 22:23 | 豆本
 友人に以前革製携帯ストラップをプレゼントしたところ、そのまた友人から注文があり、革製本に慣れるには良い機会だと思って、新作豆本の制作の合間にせっせとつくってきました。
c0161233_22593441.jpg

 バラの刻印はアクリル絵の具で着色し、アンティーク剤で染めています。その後にレザーコートを塗ると、水に濡れても色が落ちることはないそうです。
 男性用の注文もあったので、これは箔押しをしてみました。真夏は電熱器で刻印を熱くするのはかなり苦痛ですが、このところすっかり秋めいてきたので助かります。

 肝心の革製豆本ですが、相方のデッサンを元に無謀にもフィギュア・カービングに挑戦しようとして悪戦苦闘しています。
by yangzi-o | 2009-09-16 23:07