人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「こまかと屋」

 先週の26日に博多駅横の交通センタービル5階に開店した「こまかと屋」に行ってきました。「ふくまめプロジェクト」の古賀涼子さんのご尽力のおかげで、福岡市に初めて豆本の常設店ができたのです。まだ出品作家さんは10人くらいですが、来月からは30人近くになるそうです。写真には写っていませんが、訪れたときはお客さんが3~4人、豆本を手にして熱心に見ておられました。
c0161233_20261397.jpg


 「こまかと屋」の名前の由来は、「豆本っちゃ~、こげんこまかとや!?」という博多弁から来ています。面白いですね。私は福岡市に引越して丸6年になりますが、博多弁は使えません。同僚や友人が話しているのを聞いているのはとても楽しいです。仕事の作業伝票なんかにも、「そげん急がんでもよかとです」とメモされていたのには笑えました。

 話がそれましたが、私ことLittle handは、今回の常設店には残念ながらエントリーできませんでした。来年3月の「ふくまめ3」に向けて、こつこつと豆本を作りためていこうと思っています。

 この交通センタービルは同じ5階には手芸品店のクラフトワールド、4階は100円ショップのダイソー、6階には紀伊国屋書店があります。ぜひお立ち寄りくださいませ。
by yangzi-o | 2009-11-29 20:39 | 豆本展

財布&ペン立て

 今月2回目の革工芸の教室に行ってきました。前回にひきつづき、既製品の二つ折りの財布に装飾した革をゴム糊ではりつけて、周囲を本かがりにします。穴がしっかり開いていなくて針をぐりぐり抜こうとしたものだから、2本も針穴が壊れてしまいました。目打ちで穴を大きくしながらかがっていくとスムーズでできることもわかりました。しかし全部かがり終えるにはかなりの時間がかかりそうだったので、残りは自宅で作業することにして、同時進行していた「ペン立て」をアンティーク剤で染め、組み立てました。
c0161233_2063711.jpg


 ペン立てはしっかりしているのでリモコン入れにも使えそうです。今は、図案を革に写してカッターを入れたり刻印を打っていく作業が楽しくてたまりません。
 次回はいよいよポシェットをつくります。先輩の生徒のみなさんが次々にオリジナルの革のカバンをつくられているのを見ていて、わたしも欲が出てきました。普通の大きさのカバンも良いですが、豆本を入れるミニチュアの革のカバンもつくってみたいです。
by yangzi-o | 2009-11-29 20:13
 創業50年以上になる博多区住吉の活版印刷所の寺尾博明さん(10月でお店を閉められました)を紹介する展覧会が開催されます。

 日時 12月1日(火)~12月20日(日)
 場所 albus写真ラボ2階ギャラリー
 参加費 無料

 期間中の12日(土)には、寺尾さんを囲んでの<お話し会>も開催されます。

 私の職場にもまだ活版印刷機は健在で、ミシンや筋を入れたり、帳票のナンバーを入れたりしています。活字はもう記念の展示物としてほんの少ししかありませんが、コミはまだあります。20代で覚えたことは体が忘れないといいますが、簡単なものなら「組んでみろ」といわれればできそうな気がします。この展覧会にはぜひ足を運んでみたいです。
by yangzi-o | 2009-11-28 22:43
 きょうは2カ月ぶりのカルトナージュの教室に行ってきました。「アトリエ・ソレイユ・ルヴァン」さんにに通い始めてちょうど1年になります。習い始めた当初から憧れだった「引き出しつきの箱」をようやくつくることができました。
c0161233_21142851.jpg

 29枚も厚紙やスキバルのパーツがあるし、曲線の始末も初めてだったし、なかなか難しかったです。箔押しされたようなバラ模様の紙もとても気に入っています。この引き出しは来年3月の「ふくまめ3」豆本展の什器にするつもりで、展示スペースの寸法がわかり次第、下段の引き出しを「増設」する予定です。いつものことながら、豆本本体より先に入れ物が完成しそうです。

 引き出しの作り方を教わったので、いよいよ我が家のごちゃつきを解消するために、せっせと復習をかねて引き出しつき収納箱をつくらなくては。他にもいろいろつくりたいものが山積しているし、忙しい歳末になりそうです。
by yangzi-o | 2009-11-23 21:24 | カルトナージュ

ラッピングの箱づくり

 先月末の「豆本浪漫」展の終了後、余韻にひたるヒマもなく仕事の繁忙期に突入しましたが、昨日でようやく大きなヤマは越えたようです。「なにかが間違っている」と頭の片隅で思いつつ、ひたすら手足を動かしていましたが、「無理が通れば道理が引っ込む」という諺のとおり、終わってみるといつもなぜか納期に間に合うんですね。
 心身ともヘトヘト状態でしたが、きょうは年に一度の健診に行ってきました。結果は今のところ異常なし。標準体重からはまだかなりオーバーしているとはいえ、去年より体重が減っていました。豆本制作に夢中になり、休日もゴロゴロしなくなったからでしょうか? 気になる症状がないわけではないのですが、「大丈夫でしょう」という医師の太鼓判を信じることにしました。
 健診が終わって気を良くして天神方面に向かい、アクロス福岡で明日まで開催されているパーチメントクラフトの展示会を見学に行きました。このクラフトも次回の新作豆本の装飾に使いたいなあと願望しているので、じっくり眺めてきました。
 それからインキューブでラッピング用紙やリボンなどを物色して、大橋まで戻ろうと急行に乗ったのですが、座席に座ったとたん爆睡してしまい、気がついたら春日原でした。ボサボサに伸び放題だった髪をカットしてもらっている間もずっとうつらうつら眠っていました。

 かろうじて手抜きのシチューをつくり片付けが終わったらまた眠ってしまい、ようやく9時過ぎからクリスマス・プレゼント用の豆本「ローズ・ガーデン」のギフトボックスつくりを始めました。
 ラッピングの専門店をみてまわっても、手ごろな箱がみつけられなかったので、ネットで探したところ、「ラッピング・ラボ」というサイトで、定番の箱つくりが紹介されていたので、さっそく参考にしてつくってみました。
 初めに薄紙で型紙をつくって組み立てたのですが、立体形に弱い私、やっぱり寸法を間違っていました。試しに作ってみてよかった。なんとか一つ出来上がりました。
c0161233_22223469.jpg


 ラッピング用の箱つくりもなかなか面白いなあとまた楽しみが増えました。

 
by yangzi-o | 2009-11-21 22:25 | 豆本
 先週も仕事が忙しかったのですが、日曜日ごとあちこち出かけています。きょうはほぼ2カ月ぶりの革工芸の教室でした。豆本展も一段落したことだし、今月からまた仕切りなおしてじっくり取り組んでいこうと思っています。9月末に図案を革にトレスしてカッターとべべラを入れていた続きとして、アメリカン・クラフトに初めて挑戦しました。
c0161233_1959344.jpg

 先生に教えてもらいながら、さまざまな刻印を打っていくうちに、図案の花がいきいきとしてくるのがとても楽しいです。次回は黒の財布に縫い付けて、相方へちょっと早いクリスマス・プレゼントにします。

 3週間ぶりに天神界隈を歩きましたが、街全体がクリスマスの雰囲気に包まれていました。今年はもう間に合わないのですが、来年はクリスマス用の豆本がちゃぽんをつくりたいと夢想しているので、あちこちのお店を見て廻って、可愛い飾りをちょこちょこ購入しました。

 来週一週間が仕事の大きなヤマですが、これを越えたら忙しさも中くらいになるので、ほどよく頑張ります。
by yangzi-o | 2009-11-15 20:09
 昨夜のうちに掃除・洗濯を済ませ、8時30分には自宅を出て小倉まで行ってきました。明日からもまた仕事が忙しいので奮発して特急の2枚切符を購入、久しぶりにソニックに乗りました。
 10時の開場と同時に飛び込み、めざすのはメタルエンボッシングの体験コーナーです。以前から気になっているクラフトなんですが、福岡市内の教室はすべて平日の昼間なので、「体験」することもできません。この日は、小倉のナカノテツで講師をされている宮下佳子さんのブースで、キーホルダーをつくってみました。
 スミレの図案です。
c0161233_20172333.jpg

 裏はイニシャルです。
c0161233_20175285.jpg

 見た目はもっと硬い材質なのかと思っていましたが、とても柔らかくて扱いやすかったです。このメタルって、革製の豆本の装飾に合うような気がします。まだこれっといって何に使いたいというものはないのですが、いつか豆本にしてみたいです。

 メタルエンボッシングの体験ができて気が済んだので、広い会場を3周くらい見てまわりました。ちりめんの小花やチャームなど、豆本に使いたいちまちました材料を手に入れました。

 午後からは会場をあとにして、6~7年ぶりに魚町銀天街を徘徊しました。あんまり変わっていないなあと安心したのですが、よく買い物をしていた「百万両」は3階のお店が一階に集約されていました。でもなんと、ここで『思い出の猫』の表紙に使っている布がみつかったです。福岡市内のお店はもう売り切れてしまっていて、増刷するときは装丁を考え直さないといけないなあと困っていたので大助かりでした。
 それから「ナカノテツ」にも足を運んで、野草っぽい柄の布や可愛いネコ柄の和布もみつけました。

 そんなこんなで本日の戦利品です。
 
c0161233_20304670.jpg


 来年2月19~20日にマリンメッセで開催される「手づくりフェア」も楽しみです。次回は何の体験をしようかな。
by yangzi-o | 2009-11-08 20:34 | お出かけ

パーツつくり

 今週もなんだかんだと仕事が忙しく、平日の夜はまとまった時間が取れないのですが、来春開催予定の「ふくまめ3」に向けて豆本用の板紙などを毎晩少しずつキコキコと切っています。豆本つくりはもはや生活の一部になっちゃいました。
c0161233_23215040.jpg

 先月の「豆本浪漫」展を見にこられた方から、クリスマス・プレゼント用にと折豆本の「ローズ・ガーデン」のご注文もいただいたので、この箱つくりもせっせとすすめています。箱フェチなのでいくらつくっても飽きないし、小さな粘土のバラもつくりだすととまらなくなるくらい楽しいです。あ~あ、一日が30時間あったら、好きなだけつくれるのになあ。

 明日は、北九州市小倉の西日本総合展示場できょうから開催されている「手づくり市場in北九州」まで足を運ぶ予定です。日頃なかなか手づくり関係のお店を見てまわる時間がとれないので、こういったイベントは楽しみです。
by yangzi-o | 2009-11-07 23:37 | 豆本

油山へ行ってきました

 風が冷たいながらも日差しが暖かい休日になりました。1年数カ月ぶりに油山までバイクを連ねて登ってきました。10月は例年なら休日ごとに野草散策に出かけたものですが、今年は豆本制作と展示会に忙殺され、一度も登れませんでした。11月はなんとか時間をつくって紅葉狩りも楽しみたいと思っています。
 きょうの油山のお目当てはキッコウハグマでしたが、いくぶんピークを過ぎていました。今年こそはとベストショットを狙ったのですが、どれも失敗の巻きでした。その代わり、センブリがいたるところに咲いていたのにはびっくりしました。11月初めに油山を歩くのは初めてだったので、これまでは開花していなくて気がつかなかったのかもしれません。
c0161233_157279.jpg


 空気が澄み切っていて展望台からの景色がくっきりと見られました。市街地の上を飛行機が飛んでいるのがわかるでしょうか?
c0161233_1584595.jpg


 バイクで15分というところに福岡空港がありながら、生まれてこのかた飛行機に乗ったことがありません。高所恐怖症なんです。離陸したとたん、「降ろしてくれ~!」とパニックになりそうな予感がします。福岡市に引っ越してきたときは、飛行機が市街地の真上を飛んでいるのには「ありえんだろう!」と驚きました。
by yangzi-o | 2009-11-03 15:14 | お出かけ
 先週の土曜日まで異様に暑かった福岡ですが、今朝から急に冬がやってきました。冷たい雨に震えながら帰宅すると、ポストに首を長くして待っていた『本の手帳』第7号限定版が入っていました。途端に一日の仕事の疲れが吹っ飛びました。
c0161233_2332881.jpg

 いやはや、なんと手のこんだパッケージでしょうか。リボンを留めている消しゴム版4版3色という素敵なタイトルラベルをなんとか破らずに剥がせないものかと苦闘しました。ダメだわ、破れちゃうというわけで袋ごとはさみで切り取りました。

c0161233_2374856.jpg

 中身の『本の手帳』限定版と特別付録である葉原あきよさんの『チョコレート豆本』です。この豆本は本当のチョコレートみたいに銀色の包み紙で豆本を包んでいたのが面白かったです。
 さあて、明日はお休みだし、今晩はゆっくり本文を読めます。
 この限定版はまだ少し残部があるようです。ご注文はこちらへ

 昨日の日曜日は久しぶりにどこへも出かけず、仕事の繁忙期に備え、部屋の模様替え&衣替え&夕飯・お弁当の仕込みと冷凍、と120パーセント主婦して疲れ果てました。片付けても片付けてもいつのまにかたまってしまう紙や布、こまごまとした材料も整理すると、年内はちょっとお休みしようと思っていた豆本づくりもまたヤル気が出てきたのでした。来年3月末の「ふくまめ3」に向けて、少しずつつくっていきたいです。
by yangzi-o | 2009-11-02 23:22 | 豆本