人気ブログランキング |

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

6月の読了本

◎「クラスメイツ」前期・後期(森絵都)
◎「笑い三年、泣き三月」(木内昇)文庫本再読
◯「さいごの毛布」(近藤史恵)
◎「糸の手繰れば」(志川節子)
◯「平凡」(角田光代)
◎「漂泊の王の伝説」(ラウラ・ガジェゴ・ガルシア)再読

 「笑い三年、泣き三月」の文庫本を書店で見かけたので迷うことなく購入しました。新刊は図書館で借りて読んだはずなのに、出だしからすっかり内容を忘れている自分に驚きましたが、それもまた新鮮で何度も楽しめてよいものですね。志川節子さんの時代小説を初めて読みましたが、北原亞以子さん亡き後、若い作家さんに期待したいです。図書館からの予約本が届かなかった週は、本棚から気まぐれに取り出して再読しています。

 きょうは図書館からどっさり予約本が届きました!そういうときに限って仕事が忙しくなるのですが、一年ももう半分過ぎたのだと思うと、なんともいえぬ解放感があります。
by yangzi-o | 2014-06-29 14:58 | 読書

ネジバナ発見!

 帰宅途中のウォーキングは梅雨時とあって途切れ途切れに続けいています。先週の初め、お年寄りに混じってというかどんどん追い越されながら歩きつつ、10年来の習慣でついつい地面近くを見ていると、なんとネジバナが咲いているではありませんか。
c0161233_9432130.jpg

 珍しい野草ではないのですが、といってどこでも咲いているというわけでもなく、こんなご近所で会えるとはラッキーでした。この溜池を一年かけて歩いたら何にめぐり逢えるか楽しみです。蜻蛉も生まれ、ニイニイゼミも鳴き始めました。
 この日の猫さんはけっこう警戒心が強く、カメラを向けるとこの姿勢のまま何秒間か固まっていました。
c0161233_9462632.jpg

by yangzi-o | 2014-06-29 09:45 | 日々あれこれ

ウォーキングコースの猫

 前屈みになる姿勢の多い仕事が原因なのか、3年ほど前から背中と肩甲骨が痛くて、整体に通ったり低反発のマットを購入したりあらゆる手立てを試してきましたが、痛みがひどくなる一方なので整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。結果、骨はほぼ正常、やはり疲労からくる筋肉の硬直が原因だろうということで、週3回で良いから30分程度、大きく腕を振ってウォーキングしてみてはというアドバイスを医師からもらい、さっそく実行してみました。
 会社から帰路ちょっと遠回りしたところに一周650メートルの溜池を囲んだウォーキングコースがあります。一周10分、三周まわってちょうど30分、一日実行しただけで、夜も寝付けなかったほどの背骨の痛みがほぼ消えました! ウォーキングってこんな絶大な効果があるんですねえ。腕を振るだけでなく、ラジオ体操のような動きも入れて歩いています。

 このウォーキングコースの意外な発見は「地域猫」さんが多いこと。みなにやん、人懐こくて近づいても逃げないし、頭を撫でさせてくれます。そんなわけで二日目からはポケットにデジカメを入れて途中休憩しながら撮影の楽しみもできました。
 きょうの絵画教室は、カルガモの親子を描く予定でしたが、急遽、この溜池の猫さんを描いてみました。猫は大好きだけど絵に描くのは難しい。目と鼻が離れすぎ。しばらく、パステルの猫のスケッチにはまりそうです。
c0161233_21315956.jpg

by yangzi-o | 2014-06-15 21:32 | 絵画

菩提樹コンサート

 今朝は昨日の転倒の痛みですぐには起き上がれなかったのですが、整体院でマッサージしてもらいなんとか快復して、午後から太宰府・戒壇院の「菩提樹コンサート」へ出かけました。雲が多いながらも晴れ間も広がり、木陰に入れば涼しげな風も吹き渡るという絶好のお天気に恵まれ、30分ほど遅れて到着したときは、日陰という日陰には人がひしめき、リコーダーアンサンブルの演奏を聴き入っていました。
 菩提樹の花もちょうど見頃を迎えていました。
 和尚さんが「こんなに集まってくれたのは初めです」と喜んでおられたのが印象的でした。
c0161233_210767.jpg


 私としては若かりし頃の思い出の一つがよみがえる「津軽のふるさと」が一番心に沁みましたが、私だけでなくハンカチで涙を拭いている人が何人もいました。最後の5曲は参加者全員でリコーダーの伴奏で大合唱でした。「水戸黄門」の主題歌って改めて歌うとなかなか味のある歌ですねえ。「ふるさと」「荒城の月」もよかった。声をおもいっきり出してみんなと合唱するのは何年ぶりでしょうか。来年のコンサートもぜひ参加したいです。
by yangzi-o | 2014-06-08 21:16 | 音楽
 今年も太宰府天満宮斎田お田植え祭へバイクを飛ばして出かけてきました。バイクは観世音寺の駐車場に止めましたが、紫陽花、夏萩、花菖蒲が見頃でついつい足がとまってしまいます。
 早乙女舞の巫女さんたちが移動するのに間に合いました。
c0161233_9365453.jpg

 いつもは神事のじゃまにならないように句帳を手に立ち位置を気にするのですが、今年は関係者の方から「一般の方もテントの椅子へどうぞ座ってください」と言われ、遠慮なく座らせていただきました。霧雨のような雨もふったりやんだりだったので助かりました。
 斜め前に座っておられた白髪の早乙女さんの後ろ姿に惹かれ、スケッチブックを取り出したり、ふと句帳に書き留めたりと、なかなか忙しかったです。気がつけば周りには同じように句帳を手にしたグループも座っておられ、そのお一人から「真剣につくっておられるけれど、どちらの句会の方ですか」と話しかけられ、初対面なのに打ち解けていろいろおしゃべりできて嬉しかったです。

 午後からは福津市の「ほたるまつり」まで出かけました。梅雨寒の天候なので果たして蛍が観られるかどうか確信が持てなかったので、室見川は来週に延期して急遽福津市に変更しました。福間駅からシャトルバスに乗って会場へ着いたのはまだ夕方5時、公園内を散策したり、特設のパイプ椅子に座ってコンサートを聴いたり、人物スケッチを楽しみました。ずらりと屋台が並んでいたので、たこ焼きでも食べようかと立ち上がったところ、車止めにつまずいてコンクリに派手に転ぶという大ハプニングもあり、相方を大いに心配させましたが、幸い骨折にはいたらず、半身打撲ですみました。
 肝心の蛍ですが、何とか十数匹は見ることができました。やはり蛍が出るには寒すぎました。我が家もそのうちの一組なのですが、蛍よりも見物人の方が圧倒的に多かったです。一匹光るたびに「オ〜!」というどよめきが上がり、スマホやデジカメの光、はたまた懐中電灯まで照らす人たちもおり、とても落ち着いて鑑賞できる雰囲気ではなかったのですが、隣に座っている相方が蛍が出没するたびに興奮するという意外な一面を発見してこちらが驚きました。
 来週末は気力体力が残っていたら、室見川の蛍を見に行きたいです。
by yangzi-o | 2014-06-08 10:00 | お出かけ

モデル初体験

  きょうは午前中、近くの公民館を借りて我が家主催の人物スケッチ会を初めて開催しました。
 最初に私がモデルになって椅子に座り、5分ごと一息いれながら20分ほどスケッチしてもらいました。
 人生初の絵のモデルになりましたが、みんながこちらをチラチラ見ながら鉛筆をサラサラ走らせる静かな雰囲気はなかなか良いものでした。
 いつもは何かと時間に追われた生活を送っているせいか、何にもせずにぼんやり一点を眺めて過ごす時間も心やすまるものがありました。ふと一句浮かんだりして一石二鳥でした。
 描く人によって自分の顔がこんなふうに見えるのかと感心したり、知らない自分に気づかせてもらったような気がしました。
 今度は友人がモデルになり、四苦八苦しながらデッサン、なんとか特徴がとらえられたかなあと自己満足しました。テレビの録画を見ながらのデッサンよりも数倍楽しかったです。少しずつ顔から上半身、そして全体のプロポーションが描けるようになりたいです。
 
 
by yangzi-o | 2014-06-01 14:47 | 絵画