人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

1月読了本

◎「サラバ!」(西加奈子)上下巻
◎「あなたは、誰かの大切な人」(原田マハ)
◯「エブリシング・フロウズ」(津村記久子)
◯「レッツゴー・ばーさん!」(平安寿子)
◯「それでも前に進む」(伊集院静)
◯「水やりはいつも深夜だけど」(窪美澄)
◯「九年前の祈り」(小野正嗣)
◯「避難所」(垣谷美雨)

 今年から生活環境が180度変わったわけですが、昼間はできるだけ家に籠らず、ひるパスであちこち吟行へ出かけ、絵画教室やヨガ教室、地元の句会にも初めて参加し、雨が降れば近くの図書館の学習室で句集を読んだりスケッチの練習などして過ごし、夕方に帰宅するという毎日でした、
 夕食の片付けを終えるともう眠くて本を読んだらそのまま寝てしまいそうなので、またゴソゴソと手作業を初め、読書は寝しなの1時間ばかりでした。
 今月のダントツはなんといっても「サラバ!」ですね。これは睡魔も退散するほど面白かったです。読書中に「第152回直木賞」受賞の発表がありました。
 西加奈子さんは「ふくわらい」が私にとって初めての読書でしたが、それ以後気になる作家の一人となり新刊情報でお名前をみつけるとだいたい読んできました。去年の「漁港の肉子ちゃん」もマイ・ベスト10に入っています。読後感がとても良いのでお勧めです。
by yangzi-o | 2015-01-31 11:00 | 読書

冬ざれの秋月

 何もかも枯れ切ってしまったようなモノトーンの季節ですが、筑前の小京都・秋月まで出かけてきました。秋月は不釣り合いなお店もなく変に観光地化されていないのがとても良いところです。
 眼鏡橋のバス停で降りると、福岡市内よりずっと寒かったです。風はほとんどないけれど底冷えがして、頭巾式毛糸帽子をかぶってくるべきだった、カイロを貼ってくればよかったと後悔したのでした。
 梅も歩いたかぎりでは一輪もまだ咲いていませんでしたが、蝋梅がまだ見頃で落椿の水路も風情がありました。崩れかけた土塀からのぞく蝋梅も渋かったです。
c0161233_20415054.jpg

 桜や紅葉の季節になれば大賑わいになる「杉の馬場」も閑散として、ほとんどのお店は「冬季休業中」でした。桜の枯木立が奥の奥まで見渡せる風景にただ一人立っているのもなんだかしみじみとしてよかったですねえ。年を取ったということでしょうか。芽吹いたばかりの蕗の薹をビニール袋いっぱいに採っている女の人も見かけました。私はさっぱり見つけられないのにこれも年季ですね。
 眼鏡橋まで戻って帰りのバスの時刻まで時間があったのでスケッチしてみました。遠近法でいうならこの橋どうなってるのかなって感じですが、描いているときは夢中で寒さも忘れられました。清流野鳥川のせせらぎが思うように描けません。
c0161233_2051666.jpg

 西鉄のひるパスで甘木まで乘れるので、甘木から眼鏡橋まで甘木バス代片道280円で行けました。このモノトーンの世界がどんなふうに春になっていくのか、来月もお出かけできたらいいなあ。句材もスケッチポイントも山のようにありますよ。
by yangzi-o | 2015-01-30 21:00 | お出かけ

川崎スケッチブック展V

 今年初めての川崎スケッチブック展が開催中です。詳しくはスケッチブック展のHPをご覧ください。お近くの方、ぜひ足を運んでみてくださいませ。私も昨年の博多の「食べ物」、川崎の「樹木」につづいて、今回も「私の冬」の公募テーマで出品させていただきました。中学卒業以来絵筆を取ってまだ1年ちょっとですが、絵を描くのは「楽しい」の一言につきます。先日は新しい絵画教室へ初めて正式に参加し、難攻不落のバラに4時間格闘して、バラの描き方がほんの少しつかめました。描けば描く分、ほんの少しずつでも進歩していくのが楽しいのですね。

 きょうは朝方曇っていましたが、晴れ間が出てきたので急遽「生の松原」まで出かけ、福岡に転居して11年、初めて「元寇防塁」を見ることができました。寒釣の人が一人か二人いるだけの冬の玄界灘は風情がありました。
c0161233_2122895.jpg

by yangzi-o | 2015-01-27 21:23 | 絵画

ドライポイント研究会

 昨日の日曜日は豆本づくりのお仲間のお誘いを受け、「ドライポイント研究会」に参加しました。3年ぶりくらいに再会できた方もおられて楽しい時間を過ごせました。
 中学生の時にエッチングを経験しただけで、ドライポイントなるものが何なのかさっぱりわからず、あらかじめ連絡されたものだけ持参したのですが、やりだすとはまりました! わからないものがどうなるのか知りたくてたまらない私は、とりあえず今月初めに出かけた能古島アイランドパークのウサギのスケッチをキリキリと描いて、「早く印刷してみよう!」と子供みたいに急かせて興奮したのでした。
 セピアのインキをのせると下手でも何か味があるようなないような…。重しをしていないので反り返ったままです。
c0161233_21414697.jpg

 次回は溜池のネコさんのスケッチをドライポイントで試してみたいです。

 今年からボチボチ再開することにした豆本づくりですが、まずは「かえるでら」の改訂版がじわじわと進行し、今週中には試作品ができそうです。

 
by yangzi-o | 2015-01-26 21:52 | 豆本

冬ぼたん

 昨日は午後から雨という予報だったので、通院だけで帰宅するつもりが薄日がいつまでも差しているではないですか。急遽予定を変更、筥崎宮花庭園の冬ぼたんを見に出かけました。
 わらぼっちの中で満開の花もたくさんあり、ちょうど見頃を迎えていました。梅もちらほら、満開の紅梅の木もありました。こんな大きくて花弁の多い花はちょっとスケッチはムリとはなから諦めていたのですが、わらぼっちの下で四輪仲良く咲いているぼたんを眺めていると、無性に描いてみたくなりました。
c0161233_2125222.jpg

 わらぼっちのお蔭でバラではなくボタンに一応見えるような…。庭園いっぱいに整然と並んだわらぼっちはしめ縄職人による手作りだそうですが、どのくらい時間がかかったのでしょうか。一つ一つのわらぼっちに人間の手の温もりを感じました。
 福寿草もちらほら咲き始めていました。福寿草のスケッチは失敗の巻。しべが難しいなあ。
by yangzi-o | 2015-01-22 21:31 | 絵画
 スケッチブック展のファンクラブ会長である東京のyou-meさんのご尽力で、このたびスケッチブック展のホームページが開設されました。
c0161233_2123497.jpg


  このホームページを訪問していただければ、メンバーの顔ぶれや「いつどこでスケッチブック展開かれるの?」といったことが一目瞭然です。今月26日からは川崎で今年最初のスケッチブック展が開催されます。私もふくめ博多人物スケッチ会のメンバー3人も出品することになりました。

 きょうは「大寒」で、明日は「款冬華」(かんとうはなさく)で、フキノトウが出始める頃となっています。JAの直売店でフキノトウを買って初めて蕗味噌をつくってみました。なかなか大人の味でした。湯がいたあと1時間ばかり水につけておくと苦味が少なくなるようです。近場でどこか咲いていないか執念で探したところ、みつけました! 「春近し」って感じですね。ちょくちょく偵察にでかけてもう少し伸びてきたらスケッチしてみたいです。
c0161233_21244273.jpg

by yangzi-o | 2015-01-20 21:25 | 絵画

志賀海神社・歩射祭

 きょうは自宅を朝7時前に出て、志賀海神社の歩射祭を見に行きました。
 神事は朝9時から始まるのでひるパスは使えないから博多ふ頭から市営渡船で志賀島まで向かいました。志賀島まで出かけるのは一昨年のGW以来です。古式にのっとった神事が2時間あり、11時からいよいよ射手が弓を放ちます。射手も観衆も緊張の一瞬です。見事黒的に当たったら大きな歓声があがりました。
c0161233_20213031.jpg

 歩射祭というか弓道を見るのも初めてだったのですが、隣でカメラをぶら下げた男性がいろいろ親切に教えてくれました。
 大的の近くでも見学したのですが、黒的からたった1センチ外れたの矢もあって、氏子のおじいさんが「もうちょっと黒的を大きく描けばよかったなあ」と冗談を言い合ったりして温かいものを感じました。
 俳句をつくりながら、志賀海神社から眺めた対岸の福岡タワーやヤフードームを描いてみました。手前の車らしきものが走っているところが海の中道です。逆光で幻想都市という雰囲気でしたね。
c0161233_2028224.jpg

 せっかくここまで来たのだからと休暇村志賀島まで足をのばそうとバスを待っていると、ネコさんがウロウロ、追いかけていくと3匹くらい固まっていて、その中の「ドン」的ネコさんがいました。
c0161233_20293115.jpg

 勝馬の海水浴場ではこの寒いなか、サーフィンに励んでいる若者たちがいました。久しぶりにドドーンと打ち寄せる波をボーと眺めて命の洗濯ができました。バスのなかで初対面のおじいさんと「こんな美しい海が身近に見られて福岡は本当に素晴らしいところだねえ」と話がはずみました。
 和白をすぎるあたりから完全に爆睡、「お客さんのなかで5000札を1000円札に両替できる方はいらっしゃいませんか」という運転手さんのアナウンスに目がさめ、急いでお財布を覗いたのでした。
by yangzi-o | 2015-01-18 20:37 | お出かけ

和白干潟&香椎宮

 今週は早良区の横山神社の力石や曲渕ダムのオシドリを見に行きました。曲渕ダムはまったく衝動的な行動だったのですが、望遠レンズで撮影していた方にオシドリの住処を教えていただきました。遠い岸辺でしたが肉眼でもかすかにわかりました。この1年の間に視力が0.3から0.9に驚異的に良くなったのです。遠くを見ながら近くのスケッチブックに描くというのが目に良かったのでしょうか。この方の望遠レンズ越しに初めてオシドリもはっきり見ることができてラッキーでした。

 昨日は和白干潟と香椎宮まで出かけました。和白干潟は11時前の干潮時に到着したので、鳥さんはちょっと遠かったです。朝早くか夕方のほどほどの干潮時が近くで見られるのですね。双眼鏡も重いので持参していなくてただ風情を楽しんだだけでした。ウミウが廃船の上で小林幸子的に羽を広げているのが可笑しかったです。小さなスケッチブックに鉛筆で描いてみました。
c0161233_1647272.jpg

 帰り道に初めて香椎宮に寄りました。いつ出かけても人の多い太宰府天満宮とはまた趣が違って、静かな雰囲気がとても良かったです。お目当てだった阿波野青畝師の句碑も見ることができました。不老水の場所がわからず、宮司さんにお尋ねすると地図のプリントをくださり、それを見ながら行き着きました。現在でも湧き水として利用されているとは知らず、なんにも入れ物を用意していなかったので、コーヒーを入れていたポットに汲んで、相方のおみやげにしました。
 あまりにラッキーなことがつづいたせいか、最後に突然の時雨にやられました。
 さて、来週もひるパスを最大限活用することにしよう。
by yangzi-o | 2015-01-17 16:55 | お出かけ

「わたしの冬」

 来る1月26日(月)〜2月1日(日)まで、2015年最初のスケッチブック展が川崎で開催されます。詳しい内容は此処をご覧ください。
 今回の公募作品のテーマは「わたしの冬」です。年末にシクラメンを描いたあと筆が止まっていたのですが、先週の人物スケッチ会に参加してやっとエンジンがかかってきたようです。今週に入って残り2枚描いてみました。
 バイクで通るたびに一度買って食べてみたかった高宮・鯛宝楽の「御馳走鯛焼」です。香ばしい匂いに食べてしまいたい衝動にかられながら描きました。鯛焼のほっこり感がイマイチですねえ。さすが創業45年の老舗の鯛焼、とっても美味しかったです。
c0161233_20332197.jpg


 今のフリーな時間を有効に使って毎日スケッチを続けられたらなあと思います。
by yangzi-o | 2015-01-15 20:37 | 絵画
 きょうは腫れたり曇ったり突然時雨れたりの不安定なお天気でした。大野城のまどかぴあ図書館へ出向くと、ちょうど成人式を終えた若者たちが玄関にあふれていました。
 帰り道、オープンセサミさんに寄りました。
 1月の開店日です。
    1月13日(火) 10:30~15:30
    1月25日(日) 10:30~15:30
    1月30日(金) 10:30~15:30
    1月31日(土) 10:30~15:30

 博多人物スケッチ会のメンバーであるまるやさんの「春の七草」豆本、とっても可愛いです。消しゴムはんこだそうです。お見事! 色を塗りたくなりますね。
c0161233_20203116.jpg
c0161233_20201683.jpg


 このところ、昼間はバスに揺られてあちこちお出かけしているせいか、夕食の片付けが終わると眠くて仕方ありません。私も手を動かすスケッチか豆本づくりに精を出すことにしよう。
by yangzi-o | 2015-01-12 20:25 | 豆本