人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

3月読了本

◎「僕とおじさんの朝ごはん」(桂望実)
◎「森に願いを」(乾ルカ)
◎「サーカスナイト」(よしもとばなな)
◯「冷蔵庫を抱きしめて(荻原浩)
◯「5人のジュンコ」(真梨順子)
◯「異邦人(いりびと)」(原田マハ)


 ヒマになったはずの3月読了本がたった6冊とは! これまでの年度末激戦期でももう少し読めたような気がします。
 私にとって「読書」とは現実逃避的な要素が強かったので、忘れたい「現実」がなくなったせいかもしれません。それと西鉄ひるパスの旅で疲れ果て、本を読み出すと途端に眠くなるので、寝しなの1時間ばかりしか読書の時間がとれなくて、せっかく順番の回ってきた本を泣く泣く図書館に返却することも多かったです。
 そんななかで、「僕とおじさんの朝ごはん」は久しぶりに一気読みさせてくれました。桂望実さん大好きです。この本はお勧めです!

 
 
by yangzi-o | 2015-03-31 23:43 | 読書

お花見の3日間

 福岡市の桜は日曜日から月曜日にかけて一気に満開となり、きょうは夕方から雨が降り出し、一気に散ってしまいそうです。今週末のお花見を計画していた人々がどっと繰り出し、大わらわの3日間でした。
 私も昨日は筑前〜秋月まで初めて桜を見に出かけました。
 去年の夏、朝倉三連水車へ向かうバスの車窓で発見した草場川の桜並木の見頃が見られました。
 知る人ぞ知る桜の名所なんですね。たくさんの人が桜の木の下を歩いていました。
c0161233_2054221.jpg

 甘木で秋月行きのバスに乗り換えるのですが、1時間に一本のバスを待ちながら道路を隔てたベンチの人々をスケッチさせてもらいました。下手の横好きでもスケッチしていたら退屈しませんね。暑くもなく寒くもなく、吟行やスケッチには最適な季節です。
c0161233_2058253.jpg

 桜の季節に初めて訪れた秋月、自分のことは棚にあげてあまりの人の多さに驚きましたが、杉の馬場の桜は一見の価値はありました。
c0161233_211482.jpg

 バスで往復してヘトヘトに疲れました。
 
 本日は人物スケッチ仲間と近場の桜を見に出かけました。
 足元にも意外なお宝が存在していることがわかりました。
 満開の桜をゆっくり愛でることができ、激動の3カ月間がようやく落ち着きました。
 ツクシやよもぎ摘みに夢中になり、自分のカバンを忘れ、気が付くとお仲間の一人が持っていてくれたという始末です。ハハハ。
 雑餉隈駅近くの有名な桜並木です。
 大きなビニールシートで場所取りがされていましたが、雨でどうなったでしょうか。
c0161233_216165.jpg

 バス旅は揺られてけっこう疲れるので、4月からはバイクで行ける範囲を行動することになるでしょう。
by yangzi-o | 2015-03-31 21:09 | お出かけ

福岡城さくらまつり

 福岡市に転居してきて以来11年目にして初めて、「福岡城さくらまつり」に出かけてきました。
 一週間前の「お城めぐり」のガイドのときにはほとんど蕾だったのに、本日福岡市は桜が満開となりました。事前にガイドしてもらっていたので、その道順でお花見をして歩きました。
 天守台へは長蛇の列でしたが、順調に昇ることもできて、文字通り「花の雲」を一望することができました。
c0161233_2041394.jpg

 一心不乱に句帳に書き留めていたのですが、ふと人の視線を感じると、隣のおじいさんが私の句帳を覗きこんで、「三線の調べ流れる花の…次は何て読むのかね」と聞かれたので、「花の下です」と答えると「良い句だねえ」と褒めてくれました。本当に先生の選に入るといいけどな。
 「さくらまつり」の期間中は、「多聞櫓」の中も特別公開されていて、ガイドさんの説明つきで見学することができました。
 いったんバス通りに出て、三の丸スクエアまで向かう道は見事な桜並木でした。
c0161233_20491842.jpg

 「御慶屋敷跡」まで上っていきましたが、ここの牡丹芍薬園はとても広いのですね。気の早い株がもう咲き始めていました。
 福岡市の人口の何割がこのお城に集まってきたのかと思うほどの人出でしたが、車座になった団体さん、いろいろなカップル、私のように一人で歩いている人間もいれば、油絵のイーゼルを立てている画家、老夫婦が何も飲食せずただ黙って桜を見上げている姿もあり、人それぞれ思い思いに桜を楽しんでいました。
 私の人生史上、2番目に素晴らしい桜でした。ちなみにベスト・ワンは十数年前に見た門司の和布刈公園の桜です。
by yangzi-o | 2015-03-29 20:58 | お出かけ

スプリングエフェメラル

 きょうはくじゅう方面へ「スプリングエフェメラル」(春の妖精)を見に出かけました。3月末にくじゅうへ出かけるのは実に9年ぶりでした。この空白の時間を埋めるごとく、真っ青な空の下、ユキワリイチゲ、アズマイチゲは惜しみなくその花びらを開いて待っていました。毎年通っている友人でも、これほど美しく開花したタイミングは珍しいとのこと、本当にラッキーな一日でした。
 原生林の林床で日差しをいっぱい浴びて咲いていたユキワリイチゲです。
c0161233_20431358.jpg

 エイザンスミレやニリンソウ、ハルトラノオ、サバノオ等も咲き始めていました。

 散策のひととき、地元の方とお話する機会がありました。地元の方にとっては珍しい花ではないけれど、「丸くて可愛い」から、綺麗に咲かせるために何度も草刈りをされているそうです。そんなご苦労があって私ら見せてもらっているんだと遅まきながら知りました。

 朝は2分咲きだっった桜は帰路では満開近くになっているではありませんか。
 明日は市内の花見で大忙しです。
by yangzi-o | 2015-03-28 20:55 | 自然・野草

光明禅寺&竈門神社

 桜は開花したものの気温の低い日が続いて一〜二分咲きのまま止まった感じですが、太宰府へ出かけてきました。春休みとあって平日にもかかわらず凄い人出でした。外国の団体さんが目立ちましたね。
 そんな喧騒から逃れていつもの光明禅寺へ。ようやく石庭の芽吹きが始まっていました。堂縁を独り占めできたひとときもあり、いつ訪れても良いところです。頼むからここで世間話をするのは辞めてほしい。
c0161233_20344838.jpg


 桜はまだまだだよなあと思いつつ、「まほろば号」で竈門神社まで足を運びましたが、やはりまだ一分咲きといったところで、この週末もほとんど進展しないかもしれないですね。
 しかし、一分だろうがニ分咲きだろうが関係なく、あちこちお花見で賑わっていました。竈門神社では国際親善の観桜会が開かれていて、ブラスバンドやフラダンス、日舞など、華やかな花の苑が繰り広げられ、私も傍からおすそ分け的に楽しませていただきました。
 立ち寄る元気はなくなってしまいましたが、帰りのバスの車窓から眺めた大宰府政庁跡の桜もまだまだ、でもたくさんの人達が桜の木の下でシートを広げていました。
 
by yangzi-o | 2015-03-27 20:46 | お出かけ

お城めぐり&トビの襲撃

 きょうは「福岡城市民の会」主催の「福岡城・鴻臚館お城めぐり」に参加しました。大混雑になるお花見の前に下準備というわけです。
 お昼前には到着して、舞鶴公園や大濠公園を散策しました。日当たりの良いところでは桜の開花がボチボチすすみ、一本の枝垂桜は満開でした。
c0161233_19422082.jpg

 大濠公園の水辺のベンチでお弁当を広げ、「まだユリカモメが残っているんだなあ」とのんびり食べていたら、突然背後からバサッと音がして大きな影が過ぎ去っていきました。一瞬何が起きたかわからなかったのですが、お弁当箱を見ると鶏の唐揚げがごっそりなくなっているではありませんか。トビに持ち去られたのでした。お弁当箱をひっくり返さず、唐揚げだけを奪うとは! それからは一口ずつ蓋をしながら食べました。

 お腹が満たないまま、お城めぐりに参加しましたが、2時間みっちり歴史探訪ができて有意義な時間となりました。鴻臚館の資料館にも初めて入ったし、あまりに知らないことが多すぎるなあと痛感しました。歴史を少しでも知ると、同じものを見ても見る目がちょっとは変わってくるような気がします。自分も何千年という人類の歴史の中の一瞬を生きているのだと思うと、くよくよしたりすることがちっぽけなことに感じられ、なんだか雄大な気分になれますね。
by yangzi-o | 2015-03-24 19:59
 ご近所の川沿いの桜が何輪か開花していました。夕方再度行ってみると、さらに開花していました。今週はお天気が良いので週末あたりが見頃になるでしょう。どこもかしこも花見でごった返すでしょうね。これまで年度末繁忙期が終えるころには桜も散っているというパターンだったので、今年はスケッチもしてみたいです。
 西鉄ひるパスの旅は堪能したので、定点に戻ってバイクで行ける近場をゆっくり吟行・スケッチすることにしようと、きょうは油山牧場(も〜も〜らんど)へ出かけてきました。
 ここは大人でもかなり楽しい場所です。牛、馬、羊、ヤギがいて、そこだけ切り取るとプチ北海道という雰囲気が味わえます。市街地が見下ろせる牧場というのは珍しいのではないでしょうか。
 前回訪れたときは野焼きの真っ最中でしたが、きょうはもう青々とした牧草が風にたなびいていました。
c0161233_2022720.jpg

 人間の好きな牛さんもいて馬柵から顔をヌッと出してモデルになってくれました。
c0161233_2035780.jpg

 サイロも下書きしたので水彩で彩色してみたいです。下書きばかり増えています。
 風が冷たかったのですが、ソフトクリームの誘惑に負け、ちびっこに混じって高さ10mのローラー滑り台も滑ってみました。思ったよりスリルがあってはまりました。
 3時間ばかり、スケッチや吟行が楽しめました。
 帰りに買い出しをしても余裕で帰宅、疲労感もなくやっぱり近場が良いですね。
by yangzi-o | 2015-03-23 20:09 | お出かけ

近場の野草散策

 先週は最高気温が20度を越える日もあり、一気に季節が進みました。きょうは福岡で桜の開花宣言が出たようです。
 例年だと休日返上の年度末激戦の時期ですが、今年は友人や相方と野草散策を楽しみました。
 私の初恋の野草であるツクシショウジョウバカマがちょうど見頃を迎えていました。咲き始めのこんなに初々しいい花を見られたのは10年ぶりくらいです。
 初めて見たのは英彦山の山道でしたが、「キャ〜!」と叫んで近くで工事をしていた人たちが「何があったのですか」と驚いて飛んできた一幕もありました。
 昨日は土手一面にこれでもかこれでもかと群生していて、興奮のあまり満足のゆく写真は撮れませんでした。妥協的な一枚です。
c0161233_2132840.jpg

 登山道の右に左に、ホソバノコバイモ、ユリワサビ、チャルメルソウが咲き始めていました。
c0161233_2145448.jpg

c0161233_2152696.jpg

c0161233_2154774.jpg

 なんとニリンソウも咲き始めているではありませんか。3週間後のこの道が楽しみです。
 あとはアオイスミレ、コガネネコノメソウ、スズシロソウ、ヤマルリソウにもお目にかかれました。
 モヤ〜とした芽吹きの山の風情を楽しむこともできました。

 帰り道の畦では、ツクシはピークを過ぎていましたが、友人に教わってノビルを摘み、酢味噌で頂きました。
by yangzi-o | 2015-03-22 21:14 | 自然・野草

湯呑みと建物

 年頭からお出かけのついでに美術館やギャラリーでの水彩画等の展示会にせっせと足を運んできました。やはり絵は原画を見るのが一番ですね。超初心者の目でも写真とは違う色彩や筆使いにしばし見惚れてしまいます。
 そんななかで、今の自分の好みにピタッとくる画家の展示会がありました。ちょっと遠い公民館で水彩画教室をやっているとのこと、平日の昼間だけど通える間は通ってみようと先日、さっそく見学に行きました。初めて見学に来られた方と一緒に「湯呑み」を描いてみました。久しぶりに静物をじっくり描いて楽しかったわあ。「楽しいと感じられるのが一番」と先生も言われ、そうそう、いまさら美大を受験するわけでも一流の画家を目指すわけでもなし、好みの画家に1ミリでも近づければいいのではないかしら。
c0161233_7363092.jpg


 水彩画をやってみたいのだけど、子供時代の不透明水彩で「塗ってはいけない」という教師の指導が染み付いていて、滑らかに筆を動かすことができず、なかなか最初の一枚が描けなかったのです。水彩色鉛筆も好きだけど大きな面を描くには時間がかかるし…。「点描でもいいから童心に返って描いてみたらいいじゃないですか」と先生に肩を押され、実家の近くのバス停でバスを待つ間にスケッチしたモスガーバーのお店を帰宅してから写真を見ながら彩色してみました。相方が「臨時講師」です。
c0161233_7435812.jpg

 ようやく私的に一歩踏み出せた感じ。ペンでキチキチと描くのが今の私の好みなんです。こんなお店はご近所にもいっぱいあるから、スケッチしようっと。
by yangzi-o | 2015-03-20 07:49 | 絵画

天神バスセンター

 きょうは下関の実家へ帰ってきました。去年からリニューアル工事が進められていた天神バスセンターも終盤を迎えようとしていました。バスを待っている間、正面を向いて並んでいたベンチがなくなってがっかりしていたのですが、今度は通路の真ん中にベンチが設置されていました。
c0161233_2027228.jpg

 ふふ、これならバスを待つ間、人物スケッチが楽しめます。30分立ちっぱなしで夢中になりました。
 一番前の座席にどうしても座りたいので先頭に立って待ちます。プチパノラマ的に車窓が眺められるからです。実家への往復の時間も貴重です。
c0161233_2028558.jpg

 スタバもベンチの目の前に明日開店とのこと。窓際の席を確保するのは激戦ですね。
 きょうは平日だったので閑散としていますが、週末はもっと人出が多いでしょう。楽しみな場所がまた一つ増えて嬉しいです。
by yangzi-o | 2015-03-19 20:34 | 絵画